教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Windows:XPSファイルの作成方法

 

 


 


 

 

 

XPSファイルとは?

書式やレイアウトを維持したまま変換できる電子ファイルの形式です。「編集不可能 なので改ざんされない」「作成元アプリケーションがインストールされていないPCでも閲覧できる」といった利点があります。XPSファイルはXPSビューアーで表示可能です。 (XPSはマイクロソフトがVista以降で標準サポートしている形式です。)

 

XPSファイルの作成方法

XPSファイルの作成方法は使用しているパソコンの環境によって異なります。

以下のうち、そのまま作成できる環境に1つでも当てはまれば追加インストールする必要はありません。

Windows Vista/Windows7

◎ XPS Document Writerが標準装備されているのでそのまま作成できる。

Windows XP

XPS Essentials Packをインストールすれば作成できる。

Office2007

XPS作成用アドインをインストールすれば作成できる。

Office2010

◎ XPS作成ツールが標準装備されているのでそのまま作成できる。

 

作成法1 XPS Document Writerを使って作成( VISTA、7では標準装備)

「印刷」画面から簡単にXPSファイルを作成できます。XPの場合はXPS Essentials Packをインストールしてください。(Essentials Packには作成用XPS Document Writer表示用XPS Viewerが含まれます。)

 

  1. 元データを開き「ファイル」−「印刷」をクリック

  2. 「プリンタ名」=「Microsoft XPS Document Writer」を選択して「OK」をクリック

 

 

作成法2 Office2010でXPS文書として保存する(追加インストールは不要です。)

  1. 元データを開き「ファイル」タブ−「名前を付けて保存」をクリック

  2. 「ファイルの種類」=「XPS文書(*.xps)」として「保存」をクリック
    (又は「ファイル」−「保存と送信」−「PDF/XPSドキュメントの作成」をクリックし「ファイルの種類」でXPS文書を指定)

 

 

作成法3  Office2007でXPS文書として保存する(アドインのインストールが必要です。)

  1. アドインをこちらからインストールする

  2. Office2007アプリケーションを起動し、Officeボタン−「名前を付けて保存」−「PDFまたはXPS」をクリック し「ファイルの種類」を「XPS文書(*.xps)」として保存する

 

 

関連 Q&A:XPSファイルを開く(表示する)には?

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows