教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Excel2010:郵便番号を入力して住所に変換する(IMEの変換候補に表示)

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

ここではIMEの「郵便番号辞書」を使って【郵便番号を入力→住所に変換 】方法と【郵便番号と住所を別セルに簡単表示する】方法をご紹介します。例えば「160-0022」と入力 すると「東京都新宿区新宿」が表示できます。

 

※注:既に「郵便番号」か「住所」が入力済の場合はアドインで一括変換できます。「郵便番号から住所を入力する」を参照しアドイン をインストールしてください。

 


■ 郵便番号を入力して住所に変換する

  1. 言語バーの「ツール」- 「プロパティ」をクリック

     

  2. 「辞書/学習」タブをクリック
     

  3. 「システム辞書」内から「郵便番号辞書」を選択し「一般」 「人名/地名」にチェックをいれる

    ★言語バーの変換モード「一般」 「人名/地名」で入力する場合に「郵便番号辞書」を使うという設定です。

     

  4. 「OK」をクリックしてダイアログを閉じる

  5. セルに郵便番号を入力し「変換」キーを押すと住所に変換される(日本語入力システムがONの場合は「スペース」キーで変換も可)

★★これで住所が入力できました! 別のセルに郵便番号も表示させたい、という場合は↓を参照してください★★


■ 郵便番号と住所を別々のセルに入力する

  1. まずは上記の手順で郵便番号を入力&変換して住所を表示

     

  2. A2に「=ASC(PHONETIC(B2))」と入力する

     

  3. A2に郵便番号が表示される

     

  4. オートフィルで全ての郵便番号を入力する

 

PHONETIC関数はセルを参照して「ふりがな」情報を返しますが、これは入力時の情報を取得します。つまりここでは入力時に郵便番号を入力しているため、住所から郵便番号を取得することができるのです。但し全角文字で取得されるのでASC関数で半角に変換しています。

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows