教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Excel2010:土日・祝日だけ色を付けるには (NETWORKDAYS/WEEKDAY)

 

 

 

 


 


 

 

 

 

■ 土・日・祝日のセルに色を設定する

条件付き書式を使って、土・日・祝日のセルに塗りつぶし色を設定できます。WEEKDAY関数またはNETWORKDAYS関数を使います。

  • NETWORKDAYS関数…土日・祝日を指定可能(特定の曜日に色を付けたいならNETWORKDAYS.INTL関数

  • WEEKDAY関数 … 土日含む任意の曜日を指定可能だが、祝日は指定できない(祝日も指定するならCOUNTIFS関数を併用)

 NETWORKDAYS関数を使う場合

 

=NETWORKDAYS(開始日,終了日,祝日) 開始日〜終了日のうち、土・日・祝を除外した日数を出します。(詳しくはこちら

 

▼▼▼ 土日祝のセルに色を付けてみましょう ▼▼▼

  1. A2~B11を範囲選択し「ホーム」−「条件付き書式▼」−「新しいルール」をクリック

  2. 「数式を利用して、書式設定するセルを決定」を選択し「=NETWORKDAYS($A2,$A2,$E$2:$E$5)=0 」を入力
    → A2~A2(つまり当日間)で土日祝日を除く日数0なら土日祝日ということになる

  3. 「書式」をクリックし「塗りつぶし」タブで塗りつぶし色を指定し「OK」で閉じる

 

 WEEKDAY関数を使う場合

 

= WEEKDAY(日付 , 曜日の種類 日付から曜日を取得します。

 

※曜日の種類とは曜日をどの数値の範囲で表すかを指定するものでWeekday(日付,2なら月=1、火=2、水=3、 木=4、金=5、土=6、日=7 となります。

これを利用して「日付が土日なら(結果が6以上なら)…」等の条件 を作成できます。祝日は別セルに入力し「日付がセル一覧にあるなら…」の式を作成します。

1 または省略

1 (日曜) 〜 7 (土曜) で返します

2

1 (月曜) 〜 7 (日曜) で返します 

3

0 (月曜) 〜 6 (日曜) で返します

11

1 (月曜) 〜 7 (日曜) で返します

12

1 (火曜) 〜 7 (月曜) で返します

13

1 (水曜) 〜 7 (火曜) で返します

14

1 (木曜) 〜 7 (水曜) で返します

15

1 (金曜) 〜 7 (木曜) で返します

16

1 (土曜) 〜 7 (金曜) で返します

17

1 (日曜) 〜 7 (土曜) で返します

▼▼▼ 土日祝のセルに色を付けてみましょう ▼▼▼

  1. A2~B11を選択し「ホーム」−「条件付き書式▼」−「新しいルール」をクリック

  2. 「数式を利用して、書式設定するセルを決定」を選択し「=Weekday ($A2 , 2 ) >= 6 」を入力

  3. 「書式」をクリックし「塗りつぶし」タブで塗りつぶし色を指定し「OK」で閉じる
    土日のセルに塗りつぶし色が設定されます。
    -----------------------------------------------
    ↓↓祝日にも塗りつぶし色をつけたい場合は↓↓
     

  4. A2~B11が選択されている状態で、「条件付き書式▼」−「ルールの管理」をクリック

  5. 「新規ルール」をクリック

  6. 「数式を利用して、書式設定するセルを決定」を選択しボックスに「 =COUNTIF($C$2:$C$5,$A2) >=1」という条件式を入力
    ※ Countif(祝日セル範囲, 日付セル)>=1 は、祝日セル範囲の中に各日付セルが1以上あった場合は…という条件です。

  7. 「書式」をクリックし「塗りつぶし」タブで塗りつぶし色を指定し「OK」で閉じる

  8. 必要があればルールの適用優先順位を▼▲ボタンで指定し「OK」で閉じる

→ 土日・祝日のセルに自動で色が設定されました。 (今回は土・日・祝日とも同色ですが、異なる色を付けることもできます。)

★なお、1つの式にまとめたい場合は=OR(WEEKDAY($A2,2)>=6,COUNTIF($C$2:$C$5,$A2) >=1) とします。

 

※ 祝日一覧(2014年〜2021年)はこちらに用意してあります。

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows