教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Excel2010:項目ごとに空白行を入れるには

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

項目ごとに空白行を入れる方法をご紹介します。データ数が少ない場合は手動で行を挿入できますが、多い場合は困難です。そこで集計を使って空白行を挿入します。

 

↓のように「会社名」ごとに空白行をいれてみましょう。

 

  1. データを項目順(会社名)に並べ替える(項目の列は1番左にしておきましょう★1)

  2. データを範囲選択する(データ内の1セルを選択し、Ctrl+Shift+*キー

  3. 「データ」タブ−「集計」をクリック

  4. 「グループの基準」および「集計するフィールド」を項目(会社名)とし、「集計の方法=データの個数」として「OK」をクリック

     

  5. 集計されたらデータを範囲選択する(データ内の1セルを選択し、Ctrl+Shift+*キー)

  6. 「データ」タブ−「グループ解除」−「アウトラインのクリア」をクリック
    → アウトラインが解除され集計のみ残る

  7. 範囲選択したまま「ホーム」タブ−「検索と選択」から「数式」を選択

     

  8. 集計セルのみ選択されるのでDelキーで削除する

  9. 不要な列(●●データの個数)は削除する

★1:項目列を左に置くと「●●データの個数」という列が挿入されるため、列の削除(9.の操作)により一括削除が可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows