教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

Excel  >> 数式、関数

Excel2010:IFERROR関数の使い方

 

 

 

 

IFERROR関数は、エラーの場合に指定した値を返す関数です。(IfとIsErrorを合わせた関数)

エラーではない場合は数式の結果や値をそのまま返してくれるので、エラーの場合の処置を細かく指定する必要がなくなります。

= IFERROR(数式や値,エラーの場合の値)


 

=IFERROR(VLOOKUP($A2,$F$1:$H$4,2,0),"")

 

★IFERROR関数は2007から登場した関数です。それ以前のバージョンをお使いの方はIFとISERROR関数を組み合わせてください。

 

      

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows