教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Excel2010:FLOOR関数 の使い方(任意の数単位で切り捨て)

 

 

 

 


 

 

■ 数値を基準値単位で切り捨てる

FLOOR関数は、基準値の倍数のうち、対象の数値を超えない数を返す関数です。

 

=FLOOR (数値 , 基準値 )

 

◎ 基準値が6の場合 ◎

例:Floor(10,6) → 6

例:Floor(13,6) → 12


■使い方例:

契約12件ごと1000円支給されるとします。つまり12件では1000円、13件〜23件でも1000円ですが、24件では2000円支給される…という計算をする場合、FLOOR( 契約数 , 12)という式で「12」「24」「36」…という結果を出せます(12の倍数で切り下げる)

 

式:12件ごとの倍数で切り下げる  =FLOOR (数値,12 )

13件 … Floor(13,12) → 12

16件 … Floor(16,12) → 12

23件 … Floor(23,12) → 12

28件 … Floor(28,12) → 24

式:支給額を出すには(12件ごとに1000円なので÷12×1000)

=FLOOR (数値,12)/12*1000

13件 … Floor(13,12) /12*1000 → 1000

16件 … Floor(16,12) /12*1000 → 1000

23件 … Floor(23,12) /12*1000 → 1000

28件 … Floor(28,12) /12*1000 → 2000

 

 

 


 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows