教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Excel2010:散布図の作り方(初心者でも簡単!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 散布図とは?

「来場数と売上金額」「温度と収穫量」「収入と子供の数」など、2つの数値データに関係があるかを調べたい時に利用します。縦軸(Y)と横軸(X)に2項目の数値を対応させ、データを点でプロット(描画)して作成します。散布図サンプルダウンロード

 

■ 散布図の特徴と注意点

  • X軸、Y軸ともに数値データである(項目データではない)ため、元データにも数値・シリアル値を入力する必要がある★1

  • X軸、Y軸の数値を組み合わせて 1 つのデータ要素にし交点に表示することで2つの数値データに関係があるかを調べる

  • 軸は常に数値軸なので、表示できるのは数値または数値に置き換えられる年月日、時刻、曜日のみ。(他のグラフに表示されるような「テキスト軸」オプションはない)

  • 数値軸なので数値データを指定しないと軸目盛りで値の集合が作成できない(例えば曜日や月を数値で指定しなければ曜日毎、月毎にまとめられない)★2

  • 散布図のデータ範囲に項目名セルを含めない・列単位で指定しない

★1 数値・シリアル値以外では軸の間隔(最小値・最大値)の指定や、値の集合がうまく作成できない(例えば1月と入力してはならず1と入力して表示形式で"月")

★2 曜日も月も手入力したい場合は、1,2…といった数値をセルに格納し、これを表示形式で曜日や月に変更します。(参考QA:散布図で曜日を表示する

 

■ 散布図の作成方法

  1. 散布図に使う2種のデータ(縦軸Yと横軸Xに表示したいデータ)を範囲選択する

     

  2. 「挿入」−「散布図」から散布図を選択 → 散布図が作成されます。

希望通りの散布図ではない場合は次の操作でデータ範囲を指定し なおすことができます。

 

■ 散布図のデータ範囲を指定しなおす方法

  1. 散布図を選択し「デザイン」タブ−「データの選択」をクリック

  2. 「凡例項目」にある系列を選択し「編集」をクリック

  3. 次の項目を指定して「OK」をクリック

  • 「系列名」… グラフタイトル (項目名セルを選択、又は入力)

  • 「系列Xの値」X軸(横軸)に表示するデータ範囲を指定 (項目名は含めない)

  • 「系列Yの値」Y軸(縦軸)に表示するデータ範囲を指定 (項目名は含めない)
     

 

■ X軸・Y軸の間隔や表示を変更するには

軸の間隔や表示を変更する方法をご紹介します。ここでは1~7人で1目盛り間隔に変更してみましょう。

  1. 軸を選択し右クリック−「軸の書式設定」をクリック


     ※軸が選択された状態で右クリックしないと「軸の書式設定」が表示されません( うまく選択できない場合は散布図を選択「レイアウト」タブ−「軸」−「主横(縦)軸」−「その他の主軸オプション」をクリック でもOK!)
     

  2. 「軸のオプション」で「最小値 1」「最大値 7」「目盛間隔 1」として「OK」をクリック (1~7で目盛りが1ずつ)

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows