教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

Excel2010: ピボットテーブル【データ範囲】を自動更新するには

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

ピボットテーブルの元データ行が追加された場合、通常は範囲を指定しなおす必要がありますが、OFFSET関数で【名前】を作成すれば範囲の自動更新が可能です。

注:データ範囲の自動更新方法です。ピボットテーブルの自動更新ではありません。(ピボットテーブルは手動更新またはファイルオープン時の自動更新のみ)


 

■ データ範囲を自動更新するには

  1. まずはデータ範囲に名前を付けるため「数式」タブ−「名前の定義」をクリック

  2. 任意の名前を入力し「参照範囲」にOFFSET関数でセル範囲を指定し「OK」をクリック

    OFFSET(基準とするセルを指定 , ○行移動 , ○列移動 ,行数 , 列数
    →  OFFSET(
    Sheet1!$A$1,0,0,COUNTA(Sheet1!$A:$A),4)

    基準値をA1、行移動しないので0、列移動しないので0、行数は入力個数を指定するのでCountA(A:A)、列数は4
    → 行数としてCountA(A:A)が指定されているので、入力項目が増減すると個数がカウントされ、セル範囲が更新されます。

     ★★ 次にピボットテーブルのデータ範囲として【名前】を指定します★★
     

  3. ピボットテーブル内のセルを選択し「 オプション」タブ−「データソースの変更」をクリック

  4. データ範囲として名前を入力し「OK」をクリック

     

以上の操作により元データが追加された場合に範囲が自動更新されます。(選択しなおす必要がない)

但しピボットテーブルは自動更新されないので、ピボットテーブルで右クリック→更新、とするかファイルオープン時に自動更新させるなどしましょう。

参考:ピボットテーブルの自動更新
 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows