教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Excel2010:独自の定休日を除く○日後を出す(WORKDAY.INTL)

   

 

 


 

 

 


 

 

 

 

 

■ 独自の定休日を除く○日後(○営業日後)求めるWORKDAY.INTL関数  (ワークディ インターナショナル)

定休日が水曜」のように、特定の曜日を除 く○日後の日付を出せます。例えば水曜が定休日なら月曜から3営業日後は金曜日になります。 (土日を除く○日後を出 す場合はWORKDAY関数

 

=WORKDAY.INTL(開始日, 日数, 週末, 休日)  ★【週末】と【休日】は省略可

 

例:WORKDAY.INTL("2015/8/1",3,"0010000")  ★1が定休日、0が稼働日(数字は月~日を表す7桁)

 

週末 定休日(曜日)を指定します。★指定方法は下記参照

休日 … 上記以外の祝日や休暇など、不定期な日時を指定します。★セル指定又は手入力(いずれもシリアル値)

開始日 … セル指定、または手入力("yyyy/mm/dd"


 

■ 週末(定休日)の指定方法

週末は【週末文字列】か【週末番号】で指定します。(どちらで指定してもOK)

【週末文字列】は7桁で1が休み0が稼働日で指定します。例えば月 ・水が休みなら↓のようになります(週末番号の一覧は下記)

1 0 1 0 0 0 0

 

■ 週末の一覧(週末文字列・週末番号)

週末文字列は7桁1が休み0が稼働日(週末番号でも指定できますが、文字列の方が0/1で自由に指定できます)

週末文字列 曜日(定休日) 週末番号
1000000 月曜 12
0100000 火曜 13
0010000 水曜 14
0001000 木曜 15
0000100 金曜 16
0000010 土曜 17
0000001 日曜 11
0000011 土曜・日曜 1
1000001 月曜・日曜 2
1100000 月曜・火曜 3
0110000 火曜・水曜 4
0011000 水曜・木曜 5
0001100 木曜・金曜 6
0000110 金曜・土曜 7

 

例えば「月・水・金はお休み」のお店なら【週末文字列】は1010100と指定します。 (週末番号では定義なし)


 例題

★注!結果はシリアル値で返るため、表示形式で日時にしてください。

 

 

定休日が水・日の場合 、8月1日(土)から5営業日後はいつ?

=WORKDAY.INTL(A1,5,"0010001") → 8月8日(土)

定休日が水・日、盆休みが8月6日〜8月7日の場合、8月1日(土)から5営業日はいつ?

=WORKDAY.INTL(A1,5,"0010001",D2:D3) → 8月11日(火)

定期的な曜日ではなく、盆休みや祝日のように特定の日時を除く場合は、それらの日付を別セルに入力しておき【休日】として指定します。

Excelでは祝日を自動認識しません。ここに日本の祝日(2014年〜2021年分)を置いておきますのでぜひお使いください。

月曜休みの場合(週末番号を使った例。番号は""で囲まなくてもOK)

=WORKDAY.INTL(A1,5,12) → 8月7日(金)

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows