教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Excel2010:上限を設定する(MIN関数)

 

 

 

 


 


 

 

関連QA:下限を設定する(MAX関数)

 

MIN関数は最小値を求める関数ですが、「最大○まで」といった上限の設定という使い方ができます。

=MIN(範囲)

 

例:上限10 → MIN(10,14,30) → 10

例:最大10まで →  MIN(10,3) → 3  MIN(10,15)→ 10


 

■ 例:5個までは無料、それ以上は1個100円 (★上限5)

  A B
1 購入数 価格 (5個以上の分に100を掛ける)
2 6 =(A2-MIN(5,A2))*100  → 100    ◆(6-5)*100
3 10 =(A3-MIN(5,A3))*100  → 500    ◆(10-5)*100
4 3 =(A4-MIN(5,A4))*100  → 0        ◆(3-3)*100

 

■ 例:1000円まで補助がでる。自費金額を求めるには?(★上限1000)

  A B
1 購入金額 自費
2 1500 =A2-MIN(1000,A2)  → 500     ◆1500-1000
3 800 =A3-MIN(1000,A3)  →   ◆800-800
4 1000 =A4-MIN(1000,A4)  → 0        ◆1000-1000

購入金額-1000でも出ると思われるかもしれませんが、購入金額が1000円未満の場合にマイナス数値が返されてしまいます。(例 800-1000→ -200)

購入金額-MIN(購入金額,1000)なら、1000円未満の場合に購入金額-購入金額=0を返せます。

 

補足:上限と下限を設定する

下限はMAX関数で設定します。下限5ならMAX(5,10) → 10、  MAX(5,3)→5です。

◆上限と下限を一度に設定する場合は?

例:上限10、下限5を出す

MIN(MAX(数値,5),10)  → MAX(数値,5)で5以上の数が出る(下限)それをMIN(下限,10)で10以下の数(上限)を出す

★どちらの順にネストしても同じです。MAX(MIN(数値,10),5)でもOKです。

 

12 →MIN(MAX(5,12),10) → 10

4 → MIN(MAX(5,4),10) → 5

20→MIN(MAX(5,20),10)→10

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows