教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Excel2010:COUNTIFS、COUNTIFで○○を含む…を数える(セル参照)

 

 

 

 

 

■ ○○を含むセルを数える

=COUNTIF(範囲,"*○○*")

 

=COUNTIFS(範囲,"*○○*",範囲,"*△△*"→ ○○と△△を含む

 

■ セル入力された文字を含むセルを数える

=COUNTIF(範囲,"*"&A1&"*")

又は

{=COUNT(IF(FIND(A1,範囲),範囲2))}

 

count関数の配列数式なので、カウントする範囲2は数値または空白範囲を指定

 

■ ○○を含むならA、そうでないならB (FIND関数やSEARCH関数でもOK)

=If(Countif(範囲,"*○○*"),"A","B")

又は

=IFERROR(IF(FIND("○○",セル),"A","B"),"")

又は

=IFERROR(IF(SEARCH("○○",セル),"A","B"),"")

 

★FIND関数もSEARCH関数も、特定のセルに○○という文字の開始位置を返します。(find("学","小学校") なら2) ○○を含む場合は、1以上(=TRUE)なので、これを条件とすることができます。また、SUMPRODUCT関数のようにワイルドカードが使えない場合にもFINDやSEACHを使うことができます。

 

 

      

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows