教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Outlook:「次の添付ファイルは問題を起こす可能性があるため、利用できなくなりました」と表示される

 

 

 

 


 

 

 

 

Outlookでは危険だと判断された添付ファイルはブロックされ、次のメッセージが表示されます。

次の添付ファイルは問題を起こす可能性があるため、利用できなくなりました : <ファイル名>

しかし実際はファイルはメッセージから削除されているわけではなく、アクセスできないようブロック (非表示)されているだけです。

ファイルを入手できる3つの回避法をご紹介します。


 

■ 回避法(1) Outlookのレジストリを修正する

  1. 「スタート」−「ファイル名を指定して実行」をクリックし「Regedit」と入力して「OK」をクリック

  2. HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0(数値はOutlookのバージョンにより異なります)\Outlook\Securityを展開

  3. Securityを右クリックし「新規」-「文字列値」をクリックし、値の名前を「Level1Remove」とする

  4. 作成した「Level1Remove」をダブルクリックし、「値」ボックスにアクセスしたいファイルの拡張子を入力(例:.exe

  5. 複数の種類を指定するには;(セミコロン)で区切って指定する(例:.exe;.msi

  6. 「OK」をクリックし てレジストリエディタを終了し、Outlookを再起動する
    → ハードディスクに保存すれば開けるようになります。(=レベル2へ変更される)

 

■ 回避法(2) グループポリシーでファイルを表示する

  1. Outlook管理用テンプレートを追加する

  2. ユーザーの構成−「管理用テンプレート」−「Microsoft Outlook2010」−「セキュリティ」−「セキュリティフォーム設定」をクリック

  3. 「Outlookセキュリティモード」を「有効」にし「Outlookセキュリティのグループポリシーを適用する」を選択し「OK」をクリック

  4. ユーザーの構成−「管理用テンプレート」−「Microsoft Outlook2010」−「セキュリティ」−「セキュリティフォーム設定」ー「添付ファイルセキュリティ」をクリック

  5. 「レベル1の添付ファイルを表示する」「有効」にする(全 てのファイルが表示可能)

  6. Outlookを再起動する

――― 全ファイル表示可能ではなく、特定の拡張子のみ表示したい場合は ―――
1~4 は上記と同じ

5. 「レベル1のブロック対象であるファイル拡張子を削除する」「有効」にする

6. 「削除する拡張子」ボックスに拡張子を入力(セミコロン;で区切ると複数可能。例:exe;reg

 

 + 注意&補足 +

 

■ 回避法(3) 送信元に拡張子を変更して送信しなおしてもらう

Outlookでは添付ファイルを拡張子で識別してブロックします。ですのでダミーの拡張子 で送信してもらい、受信後に正しい拡張子に戻すという方法も有効です。

◎例: test.exeというファイルを送付したい場合

  1. 送信者が"test.exe"ファイルアイコンを右クリックし「名前の変更」をクリック

  2. "test.ex"という拡張子に変更して送付する(※拡張子は.txtなど、自由につけてください。)

  3. 受信者は"test.ex"を"test.exe"に戻す

 

 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows