教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Outlook365+Exchange:共有メールボックスの使い方(ライセンス不要!)

 

 

 

対象:Exchange Online,Outlook365

Exchange Onlineではメールアカウントを共有(フルアクセス権限やログオンパスワードにより)できますが、ライセンス不要の【共有メールボックスの機能】があります。便利で簡単なので使ってみましょう。

 

※オンプレ/365環境の場合はEAC→Recipients-Sharedで作成後にO365に移行 し、アクセス権をユーザーに付与

(↑の場合、共有メールボックスの削除はオンプレ(AD)から)


 +管理者の操作 +

  1. Exchange管理センター(EAC)にサインイン

  2. 「受信者」→「共有」で「+」をクリック
    Recipients → Shared

  3. 「表示名」「アドレス」を入力
    Display Name/Alias

  4. 共有するユーザーを「+」をクリックして追加し「保存」をクリック
    Users-The following users have permission to view and send mail from this shared mailbox.
    又は「メールボックスの委任」でフルアクセス許可所有者送信権限を付与

 + ユーザーの操作+

 

365ユーザーは操作不要です。1H~2H程度でフォルダツリーに自動表示されます。

◆◆表示されない場合は◆◆

  1. 【ファイル】−「アカウント設定」−「アカウント設定」でアカウントをダブルクリック

  2. 「その他の設定」→「詳細設定」→「追加」で共有メールアドレスを追加

  3. 「OK」→「次へ」とクリックし、Outlookを再起動

又は↓のOWAを利用します。

 

 + ユーザーの操作(OWA)+

  1. OWAにアクセス(https://outlook.office.com/mail/

  2. フォルダーを右クリックし「共有フォルダーの追加」をクリック

  3. 共有メールボックス名(アドレス又は表示名)を入力し「追加」をクリック

  4. OWAのフォルダツリーに共有メールボックスが表示されます。

又は

https://outlook.office.com/mail/共有メールアドレス/ にアクセス

(例:https://outlook.office.com/mail/share@xxx.com)

 

 ※補足:オンプレ/365混合環境の場合は

  1. EACにログイン→Recipients→Shared→「+」をクリック

  2. Display Name(表示名)を入力

  3. Alias(@前)を入力しSave(委任ユーザーの追加は365移行後)
    →ここでno permission grantedが表示されてもYesをクリック

  4. ExchangeOnline(365)移行

  5. 移行バッチが終了したら365からフルアクセス/所有者送信権限を付ける

 ※共有メールボックスを削除する

  1. EACにログイン→Recipients→Shared

  2. 共有メールボックスを選択し「Delete」

※共有メールボックスが削除できない場合は


      

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows