教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows   IE

 

 

Outlook2010:編集した添付ファイルを保存し忘れた

 

 


 

 

 

Office2010では「メール上で編集した添付ファイルを保存し忘れた」という場合に簡単に回復できるようになりました。

(注:この新機能は「保存し忘れた」場合に救出できる機能です。「保存した」のであればドキュメントなどを検索してください。)

 


保存し忘れた添付ファイルを救出する方法

  1. 添付ファイル元のアプリケーション(添付ファイルがWord文書ならWord)を起動し、「ファイル」タブ−「最近使用したファイル」をクリック

  2. 画面右下の「保存されていない○○の回復」をクリック

  3. 保存されていない文書の一覧が表示されるので、ファイルを選択し「開く」をクリック

  4. ファイル上部のバーに表示されている「名前を付けて保存」をクリックして保存する
     

 ≫補足≫≫

  • 自動保存されたファイルはC:\Users\プロファイル\AppData\Local\Microsoft\Office\UnsavedFilesフォルダに保存されます。(場所の変更はできません。)

  • ○分ごと(既定10分)に自動バックアップされたバージョンのうち最後の版がファイルを閉じる時に文書として保存される仕組みです。( 最終バージョン以外は全て破棄されます。尚、文書を保存して閉じると全てのバージョンが破棄されます。)

  • 自動保存されたファイルは作成後4日間保持されます。(名前を付けて保存しても)

  • Word=asdファイル、Excel=xlsbファイル、PowerPoint=pptファイルとして保存されています。

仕組みを図解で見るなら画像をクリック

  • 保存していない内容を復元するには自動回復用データ(自動バックアップ)を保存する設定が 添付ファイルのアプリケーション側で有効である必要があります。
    「ファイル」タブ−「オプション」−「保存」にある「次の間隔で自動回復用データを保存する  ○分ごと」及び「保存しないで終了する場合、最後に保存されたバージョンを残す」にチェックが入っている必要があります。(既定ではどちらも有効、自動回復の間隔は10分

「次の間隔で自動回復用データを保存する ○分ごと」が有効な場合、○分ごとにファイルが自動保存されます。これら自動保存データのうち最後のバージョンを回復用ファイルとして保存するのが「保存しないで終了する場合、最後に保存されたバージョンを残す」機能です。これにより 【保存せずに閉じたファイルの内容を復元する】機能が実現しています。

 

尚、この仕組みにより「次の間隔で自動回復用データを保存する ○分ごと」が無効な場合は「保存しないで終了する場合、最後に保存されたバージョンを残す」を有効にすることはできません。逆の場合は可能であり、既存文書を編集中に前のバージョンを確認することができます。

 

 


関連 Q&A

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows   IE