教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Outlook2010: 別のユーザーとしてメールを送るには(送信者アクセス許可による代理送信)

 

 

 

 


 

 

 

Outlook+Exchange Serverの環境では別のユーザーとしてメールを送ることができます。例えば、秘書が社長の名前でメールを送信する場合 や、複数の人が同じアドレスで送信する場合(共通のメールアドレスがあるなど)で使用します。

この機能を「代理送信」といい、ユーザーに「送信者アクセス許可」を付与することで可能になります。 


ユーザーに「送信者アクセス許可」を与える(管理者の操作)

メールボックスの「送信者アクセス許可」を ユーザーに付与します。これは管理者がExchangeサーバーで設定します。

 

 ◆ Exchange Server2010 の場合 

  1. Exchange管理コンソールを起動 し「受信者の構成」−「メールボックス」をクリック

  2. メールボックスを右クリックし「代理人として送信するアクセス許可の管理」をクリック

  3. 「追加」をクリックし、ユーザー(代理人)を選択して「OK」をクリック

  4. 「管理」をクリックし「終了」をクリック

  5.  Exchange Information Storeサービスを再起動する (すぐに反映させたい場合)

 ◆ Exchange Server2003の場合 

  1. 「ActiveDirectory ユーザーとコンピュータ」 で所有者を右クリックし「プロパティ」をクリック

  2. 「セキュリティ」タブ で「追加」をクリック

  3. ユーザー(代理人)を指定して「OK」をクリック

  4. アクセス許可ボックスの一覧で「送信者」の横のチェックボックスをONにし、「OK」で全て閉じる

別のユーザーとしてメールを送るには(代理送信する)

  1. メッセージの「差出人▼」ボタン※1から「他のメールアドレス」をクリック

  2. メールボックス所有者を指定して送信する
    ※1「差出人」ボタンがない場合は「オプション」タブで「差出人」をクリックしてください。
     

※ 管理者が送信者アクセス許可を付与しなくても、そのメールアカウントでOutlookプロファイルを作成すれば送信できます。(ログインパスワードの入力が必須)

※「指定されたユーザーの代理としてメッセージを送信するアクセス権がありません」エラーが発生する 場合はこちら

※「代理送信のためのアクセス許可を持たずに、別の送信者の代わりにメッセージを送信することはできません。適切な送信者の代理としてメッセージを送信していることを確認してください。または、必要なアクセス許可を取得してください」という配信不能(NDR)が返ってきてしまう場合はこちら


※代理人が所有者 宛のメールに返信・転送を行う場合は所有者のメールボックスに対しアクセス権を付与する必要があります。下記いずれかの方法で行います。

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows