教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word+IME手書き入力機能の使い方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Word+IMEを使う「手書き入力」機能には以下の5種類があります。

  • IMEパッド−手書き
    ドラッグして文字を書くと候補が表示され、選択した文字列を挿入
     

  • 手書き入力パッド + テキスト
    ドラッグして書いたものが自動認識され、通常の文字列として挿入
     

  • 手書き入力パッド + インク
    ドラッグして書いたものがオブジェクト(画像)として挿入
     

  • スケッチパッド
    ドラッグして書いたままの形でオブジェクト(画像)として挿入
     

  • 全画面入力
    文書内に直接ドラッグして書いたものが自動認識され、通常の文字列として挿入

このページではそれぞれの操作方法についてご紹介します。


■(1)IMEパッド−手書き

  1. 言語バーの「IMEパッド」ボタンをクリックし、「手書き」をクリックします。

    IMEパッドボタンがない、という場合は言語バー左のをクリックして「IMEパッド」にチェックを入れてください。)

     

  2. 「IMEパッド−手書き」ダイアログが表示されたらマウスでドラッグして書きます。

     

  3. 右のウィンドウに該当文字が表示されたら、クリックして文書に挿入します。


(2)手書き入力パッド+ テキスト(通常の文字列として挿入)

  1. 言語バーの「手書き」ボタン−「手書き入力パッド」をクリックします。


    ※ 「手書き」ボタンがない、という場合は「「手書き」ボタンがない、消えた」を参照してください。)
     

  2. 「手書き入力パッド」ダイアログが表示されたら、 テキストボタンをクリックし、ドラッグして文字を書きます。

     

  3. 文字が自動認識され、自動的に文書内に挿入されます。


記号

(3)手書き入力パッド+ インク (オブジェクト(画像)として挿入)

  1. 言語バーの「手書き」ボタン−「手書き入力パッド」をクリックします。


    ※ 「手書き」ボタンがない、という場合は「「手書き」ボタンがない、消えた」を参照してください。)
     

  2. 「手書き入力パッド」ダイアログが表示されたら、 インクボタンをクリックし、ドラッグして文字を書きます。

     

  3. 文字がオブジェクト(画像)として、自動的に文書内に挿入されます。


記号

(4)スケッチパッド(書いたままの形でオブジェクト(画像)として挿入)

  1. 言語バーの「手書き」ボタン−「スケッチパッド」をクリックします。


    「手書き」ボタンがない、という場合は「「手書き」ボタンがない、消えた」を参照してください。)
     

  2. 「スケッチパッド」ダイアログが表示されたら、ドラッグして文字を書きます。

     

  3. 「スケッチの挿入」ボタン をクリックすると、オブジェクト(画像)として文書内に挿入されます。


記号

(5)全画面入力(文書内にドラッグすると通常の文字列として挿入)

  1. 言語バーの「手書き」ボタン−「全画面入力」をクリックします。


    「手書き」ボタンがない、という場合は「「手書き」ボタンがない、消えた」を参照してください。)
     

  2. 「全画面入力」ダイアログが表示されたら、そのまま文書内にドラッグして文字を書きます。

     

  3. 文字が自動認識され、自動的に文書内に挿入されます。

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows