教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

Word  ≫ 検索と置換

Word2010-2016:ワイルドカードを使った文字種ごとの検索

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

ワイルドカードを使うと指定した種類の文字列のみを検索できます。例えば 【ひらがな】のみといった検索が可能で、この場合は[ぁ-ん]と指定します。ここでは 様々な文字種の指定方法をご紹介します。

 

■ 検索方法(例:ひらがな)

  1. Ctrl+Hキーを押し「検索と置換」ダイアログ→「検索」タブ→「オプション」をクリック

  2. 「ワイルドカードを使用する」にチェックを入れ「特殊文字」−「範囲内の1文字」をクリック

  3. 「検索する文字列」ボックスに [-] と表示されたら [-] と入力し「検索先」 −「メイン文書」をクリック
    (注:は小さい

■他の検索例:コピーしてお使いいただけます。

  • ひらがな … [ぁ-ん]

  • 全角カタカナ … [ァ-ヾ]

  • 半角カタカナ … [ヲ-゚]

  • 全てのカタカナ(半角/全角両方)… [ァ-ヾヲ-゚]

  • 半角数字 … [0-9]

  • 全角数字 … [0-9]

  • 全ての数字(半角/全角) … [0-90-9]

  • 半角英字 … [a-zA-Z]

  • 全角英字 … [a-zA-Z] 

  • 全ての英字(半角/全角) … [a-zA-Za-zA-Z]

  • 全ての半角英数字(半角記号含) … \!-~

  • 全角英数字 … [0-z] (又は[0-9a-zA-Z])

  • 全角文字(英数字以外。ひらがな/カタカナ/漢字/記号)…[、-I]

  • 全角文字(ひらがな/カタカナ/漢字/記号/英数字)…[、-I0-9a-zA-Z]

  • 漢字[一-I]
    :漢字の範囲として亜-煕(又は亜-K亜-龠)が使われることがありますがこれはS-JIS漢字のみなのでヒットしない漢字があります。-Iを使うことをお奨めします。)

  • 日本語(全角英数除外)… [-]

  • 日本語(全角英数記号、カナ含む)…[-]


 

■ 文字種は「文字コード順」に範囲指定する

ワイルドカードで文字を範囲指定する場合は“文字コード順(UNICODE)”に指定します。[最初の文字最後の文字]のように 範囲を指定するだけです。

 

文字コードは「スタート」−「ファイル名を指定して実行」で「Charmap」と入力すると文字コード表が起動します。文字セット=Unicode、グループ=Unicodeカテゴリによる入力として確認できます。

 

ワイルドカードを完全に理解したい方には"ワイルドカード完全習得マニュアル"をお奨めします。

 

クリックするとマニュアルの目次と詳細をご確認いただけます。

  • ワイルドカード1つ1つの意味と検索例を詳しく掲載。どんな場面でどのワイルドカードを使うのか把握できるようになります。

  • 問題集としても使える、実践的なケースを解説とともにご紹介。(22個のサンプルデータ付きなので、実際に自分で操作して理解できます。)

    PDF版マニュアルとサンプルデータ(Word文書22ファイル)をまとめてメールにてお届けいたします。
    お申込みはこちらの宛先(post@office-qa.com)までお願いいたします。

    折り返しお振り込み先をご連絡します。(マニュアルはお振り込み確認後すぐに送付可能です。)

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows