教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows   IE

 

 

Word: インデントの「1字」は1文字の幅ではない(文字数が合わない場合の対処法)

 

 

 

 


 

 

 

インデントを設定する際、「文字単位で設定しても1行の文字数が合わない」というトラブルが起こることがあります。

 

例えば1行26文字指定の段落に「1文字分のインデント」を設定したら1行24文字になってしまった、ということが起こります。(1文字分のインデントを設定したのなら1行25文字のはず)

 

実はインデントボタンで設定できる「1文字」とは「字送り」のサイズであり、1文字分の幅ではないのです。 (「字送り」はページ設定ダイアログに表示されています。)ですから1文字分の幅でインデントを設定したい場合は入力しているフォントのサイズを指定する必要があります。

 

ただ、Word既定のページ設定では「字送りのサイズ」=「標準フォントサイズ」となっていますから★補足 標準フォントサイズで入力している場合は希望通りの文字数分でインデントが設定できることが殆どです。しかし文字数や字送りを指定している文書や、入力フォントのサイズを変更している場合は「字送り」のサイズ=「入力フォントサイズ」とは限らないため「1字」のインデント=1文字の幅 にならないことがあるのです。

 


1文字インデントがうまくいかない場合の回避法

始めに記載した通り、インデント1字の幅は「ページ設定」ダイアログに記載されている「字送り」のサイズです。1文字幅のインデントがうまく設定できない場合は以下を試してみましょう。

 

入力しているフォントサイズをインデント幅として指定する(例:標準フォントサイズで入力している場合)

  1. インデントを設定したい段落で右クリックし「段落」をクリック

  2. 「段落」ダイアログでインデント幅を入力フォントサイズにして入力

  3. 「OK」で閉じる

補足
  • ページ設定ダイアログで「標準の字送りを使用する」にチェックを入れると、字送りのサイズが標準フォントサイズ になります。( 例:標準サイズ=12ptなら「12pt」に設定。指定文字数によっては字送りが詰められ余白が広く設定されます。)

  • 段落ダイアログの1字のサイズは、その文書の字送りのサイズであるため文書ごとに異なります。

  • 字送りは○Ptで表示されます。1ポイントは0.35mmです。

 

 

 

 

 


関連 Q&A

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows   IE