教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word2010:ルビを振ると行間が広がる

 

 

 


 


 

 

ルビを振ると行間が広がり体裁が悪くなってしまうことがあります。

ここではルビによって自動的に行間が広がらないように設定する方法をご紹介します。

 

記号

行間を固定する

ルビを振る箇所が少ない場合は、その段落のみ固定すればよいでしょう。文書の広範囲にルビを振るのであれば全選択、および標準スタイルの行間を固定にしましょう。

 

 一部の段落で行間を固定にする

  1. 範囲選択して右クリックし「段落」をクリック

  2. 「行間」を「固定値」とし「間隔」を入力しているサイズより6pt程度大きくする
    ※ページ設定で文字数と行数を指定している場合は、行送りのサイズを入力することをお勧めします。(行送り=行間1行のため。※但し標準スタイルのサイズで入力している場合)

▼ルビを振っても行間は広がらなくなります。

 

 文書全体で行間を固定にする

  1. Ctrl+Aキーで全選択する

  2. 右クリックし「段落」をクリック

  3. 「行間」を「固定値」とし「間隔」を入力フォントサイズより6pt程度大きくする

------- 続けて標準スタイルも変更します-------

  1. 「ホーム」タブにある「標準スタイル」を右クリックし「変更」をクリック

  2. 「書式▼」−「段落」をクリック

  3. 「行間」を「固定値」とし「間隔」を入力フォントサイズより6pt程度大きくする

 

 行数と文字数を指定している文書の場合

  1. 「ページ設定」ダイアログを開く

  2. 「文字数と行数」タブで「フォントの設定」をクリック

  3. 「サイズ」を本文の入力サイズとし「OK」

  4. 「ページ設定」ダイアログに戻ったところで「行送り」のサイズ(pt)を確認し「OK」で閉じる

  5. Ctrl+Aキーで全選択し、右クリックして「段落」をクリック

  6. 「行間」を「固定値」とし4.で確認した「行送り」のサイズ(pt)を指定して「OK」で閉じる

  7. 「ホーム」タブにある「標準スタイル」を右クリックし「変更」をクリック

  8. 「書式▼」−「段落」をクリック

  9. 「行間」を「固定値」とし4.で確認した「行送り」のサイズ(pt)を指定する

行数が多い文書は上記によりルビが見えにくくなります。この場合はAlt+F9キーを押してルビをフィールドコード表示にし「\s\up9(文字列)」の赤数字部分数値を小さくします(\s\up6 等)変更後、再度Alt+F9キーを押して見えるか確認してください。

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows