教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word  ≫ 検索と置換

Word  ≫ フィールド全般

Word2010: ルビを一括削除するには

 

 

 

 


 

 

 


 

 

 

 

 

文書内のルビを一括削除(解除)する方法をご紹介します。書式を崩さず、一括してルビのみ削除することができます。

 

★検索と置換を使ってEQフィールドCommentsフィールドと文字列に置換後、一気にフィールドを通常の文字列に変換します。

★注:手順を間違うと成功しません。(操作を間違うとルビ文字が全て消える、 といった結果になります)よく見て操作しましょう。


 

■ 文書内のルビを一括して削除する

★ワイルドカードに馴染みのない方は、特に疑問を持たず下記の通りに操作してみてください。検索・置換文字列は↓をコピーペーストして構いません。

  1. Alt+F9キーを押す
    → ルビがフィールドコードで表示されます。例 {
    EQ \* jc2 \* "Font:メイリオ" \* hps10 \o\ad(\s\up 9(ぶんしょ),文書}

  2. 文頭にカーソルを置き、「ホーム」タブ−「置換」をクリック

  3. 「オプション」をクリックし「ワイルドカードを使用する」にチェックを入れる

  4. 「検索する文字列」ボックスに「EQ*\),(*)\)」と入力  ★解説(1)

  5. 「置換後の文字列」ボックスに「COMMENTS \1」と入力(注Commentsの後は半角スペースが必要)★解説(2)

     

  6. 「すべて置換」をクリック
    → ルビの実態であるEQフィールドがCOMMENTSフィールドに変換されます。
    {
    COMMENTS 文書}  {COMMENTS 検証} など
     

  7. 「検索と置換」ボックスを閉じる

  8. Ctrl+Aキーを押して文書全体を選択し、F9キーを押してフィールドを更新する

  9. Alt+F9キーを押す
    → 文書内のフィールド結果が表示(ルビが解除された文字列が表示)

  10. そのまま(文書全体が選択された状態のまま)Ctrl+Shift+F9キーを押す
    → フィールドが通常の文字列に変換されます。(COMMENTSフィールドとして挿入されていた文字が通常の文字列に変換)

 ◆◆ 解説 ◆◆ 

  • (1) ルビの実態であるEQフィールドから文字列のみを取り出すため、EQから),までと、そこから)までを分けて検索し、),から)をそのまま返します。
    {EQ \* jc2 \* "Font:メイリオ" \* hps10 \o\ad(\s\up 9(ぶんしょ),文書)}
    そのため、EQ*),*) が検索対象ですが、*をそのまま返したいのでカッコで括ります。 → EQ*),(*))
    更にワイルドカードでは)などの特殊文字を検索する場合は\を付ける必要があります。→ EQ*\),(*)\)
     

  • (2) ルビの実態であるEQフィールドから検索した文字列(*)の部分をそのまま返す必要があるので、置換後の文字列には\1を指定します。ここで他に何も指定しないとフィールドコードのカッコと文字列のみが文書に残ることになり{文書}、フィールド更新後何も表示されず、一括して削除する手もありません。そこでCOMMENTSフィールドに置換すればCtrl+Shift+F9キーで一括してフィールドを通常の文字列に戻すことができます。(よくEQフィールドで置換するという手順をネットでみかけますが、EQフィールドはCtrl+Shift+F9キーで通常の文字列に戻すことはできません。 勿論このキーで文字列に戻せるなら他のフィールドでも構いません。)

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows