教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word2010:アウトライン番号を設定するには

   

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

★ Word2002/2003をお使いの場合はこちら

アウトライン番号とは、複数のレベルに分かれて振ることができる番号です。上位レベルに合わせて振り直しが可能です。

通常の番号(みな同レベル) アウトライン番号(レベルに分かれて番号が振られる)
1. Word

2. Excel

3. Outlook

1. Word

  1) 初級

  2) 応用 

2. Excel

  1) 初級 ……


 

◆ 2パターンの方法があります★★

文書全体をアウトライン番号で構成したい

★操作方法はこちら → 見出しにアウトライン番号 を設定する

箇条書きにアウトライン番号を設定したい

→ 段落にアウトライン番号を設定する(見出し設定は不要)

 

★ここではこちらの操作方法をご紹介します。


 

■ 箇条書きにアウトライン番号を設定する

  1. 文字列を入力し選択する(インデント等は設定しなくてOK)

     

  2. 「ホーム」タブ-「アウトライン」ボタンから適当なリストをクリック(番号は後から変更します)

    ↑↑アウトラインボタン内にはレベルに応じたアウトライン番号が1つのセットとしてまとめられている 「リスト」が用意されています。
     

  3. 全体にレベル1のアウトライン番号が適用される

     

  4. レベルを下げたい段落を選択(または段落にカーソルを置く)

    Ctrlキーを押しながら選択すれば複数選択できます。
     

  5. インデントボタンをクリック
     ↓レベルが下がります

※補足:追記した箇所に番号を設定するには「アウトライン番号」から同じリストを指定し、リストの上げ・下げをします(または他箇所から書式のコピーでもOK)

※補足:TabキーShift+Tabキーでもレベルの上げ下げが可能です。「オプション」−「文章校正」「オートコレクトのオプション」「Tab/Space/BackSpaceキーでインデントとタブの設定を変更する」にチェックが入っている必要があります。

 

■ 番号書式を変更したい

  • 番号で右クリック−「段落番号」から任意の番号をクリック
    又は…

  • 番号で右クリック−「段落番号」−「新しい番号書式の定義」で自由に定義

 

■ 番号書式を変更したい(1-1など、上位の番号も含める場合)

  1. 番号上で右クリック−「リストのインデントの調整」をクリック
    又は段落にカーソルを置き「アウトライン」ボタン−「新しいアウトラインの定義」をクリック
     

  2. 「次のレベルの番号を含める」で上位の番号を含めて定義する

    → 同レベルの番号書式が一括して変更されます。 見出し○と紐づいている場合は見出しスタイルが更新されます。

 

  ★★ 次の操作でもレベルの上げ/下げができます。★★ 

  • 段落にカーソルを置き「ホーム」タブ−「アウトライン」ボタン−「リストのレベルの変更」からレベルを指定する

…… または ……

  • 段落で右クリック「インデントを増やす」「インデントを減らす」 をクリック

…… または ……

  • 段落で右クリック「段落番号」−「リストのレベルの変更」でレベルをクリック

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows