教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word2010:TCフィールド(目次登録)の使い方

 

 


 


 

 

TCフィールドを使うと自由な言葉と場所を参照して、目次を作成できます。

▼本文にTCフィールドを挿入(赤字部分)

Word{TC 1WORDの使い方 \l 1}はマイクロソフトオフィス製品のワープロソフトでありシェアNO1です。

 

↓↓これを使って目次を作成できる!↓↓↓

 

▼目次

第1章 Wordの使い方……………… 2

 

■ TCフィールドを使った目次のメリット

  • スタイルやレベルを気にせず、本文の好きな箇所を目次の参照元 にできる

  • 自由な文言で目次を作成できる(本文の見出し と同じでなくてもよい)

  • 本文見出しが複数行入力されていても、完結な目次を作成できる


 

■ TC(目次登録)フィールドを挿入するには

まずは本文にTCフィールドを挿入します。

  1. 目次の参照元としたい場所にカーソルを置き、「挿入」− 「クイックパーツ」−「フィールド」をクリック

  2. 「フィールド名」=「TC」を選択し、「文字列」ボックスに 目次にしたい文字列を入力

  3. 「アウトラインレベル」にチェックを入れ、任意のレベル(目次1にしたいならレベル1)を入力し「OK」

→ TCフィールドは{TC  目次にしたい文字列 \l 1 }  のように挿入されます。

 

■ TCフィールドを使って目次を作成するには

  1. 目次場所にカーソルを置き、「 参考資料」タブ−「目次▼」−「目次の挿入」をクリック

  2. 「オプション」をクリックし「目次登録フィールドを使用する」にチェックを入れ「OK」をクリック

→ TCフィールドを使った目次のフィールドコードは { toc \o "1-3" \u \f \h \z } のように\F スイッチが付きます。

\Fスイッチは全TCフィールドから目次を作成します(\o "数字"で指定しても)特定レベルのTCフィールドを参照したい場合は\lスイッチを使います(下記参照)

 

 

■ 特定のレベルのTCフィールドを参照して目次を作成する

例えば本文にレベル1~3のTCフィールドが挿入されているがレベル1だけで目次を作成したい、といった場合に使う方法です。

目次(TOC)フィールドで\fスイッチの代わりに\lスイッチ でレベルを指定します。

 

★ 方法1:既に目次が挿入されている場合 ★

  1. Alt+F9キーを押す → 目次がフィールドコードで表示
    → 例 {TOC \O "1-3" \U \H \Z \F}
     

  2. \L レベル番号-レベル番号 を入力し、\Fがあれば削除
    → 例
    {TOC \O "1-3" \U \H \Z \F  \L 2-2}   ★レベル2のTCフィールドを使った目次
     

  3. Alt+F9キーを押し、F9キーで目次を更新する

 

 ★ 方法2:フィールドボックスから挿入 ★

  1. 「挿入」− 「クイックパーツ」−「フィールド」をクリック

  2. 「フィールドの名前」=「TOC」を選択して、「フィールドコード」をクリック

  3. 「オプション」をクリックし、スイッチボックスから¥lを選択して、「フィールドに追加」をクリック

  4. フィールドコードボックスに\lが追加されたら、その後に2-2と入力し、「OK」をクリック

 

 

 ★方法3:フィールドコードを直接 入力★

  1. Ctrl+F9キーを押す → { }挿入される

  2. { toc \l  2-2 \h \z }のように入力(\lスイッチの後の○-○でレベル指定 )

  3. Shift+F9キーを押し、F9キーを押して更新する

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows