教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word  ≫ 差し込み印刷

Word  ≫ フィールド全般

Word差し込み印刷:数値の表示形式を指定する(3桁区切り他)

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

差し込み印刷などで数値フィールドの表示形式を指定するには\# スイッチで指定します。(日付はこちら \@スイッチ

 

■ 覚えて便利なポイント

3桁区切り  →  \# 0,

表示形式に加え文字もつけるなら""で全体を囲む →  \# "0,円"

\をつけるなら\\と入力 → \# \\#

 

★補足:桁区切りでよく使われる#,##0は 桁が3桁以下の時にスペースが入ります。これはカンマがない場合はフォントによっては一の位で揃えることができるので便利ですので、そういった目的の場合にお使いください。例えば4桁までの数値データはMSゴシックで \# ###0としておくと一の位で揃えることができます。(スペースを入れて揃えるので\# #####0など何でも1番多い桁に合わせておけばOK)

 

■ 数値書式を指定するには

  1. Alt+F9キーを押してフィールドコードを表示
    例 → { MergeField  価格 }
     

  2. 数値書式スイッチを入力する(例:1200)
    桁区切り 1,200 → {MergeField 価格 \# 0, }
    桁区切り円 1,200円 → { MergeField 価格 \# "0,円" }
    \桁区切り \1,200 → { MergeField 価格 \# \\0, }
     

  3. Alt+F9キーを押し、F9キーで更新する

 

■ 桁数を指定したい(0001など)

\# 0    有効な整数は全て表示し指定した桁数より少ない場合は0を表示します 。小数点以下は四捨五入されます。

例 { = 9 \# 0000} → 0009

例 { = 9 \# 0.0} → 9.0

例 { = 9.8 \# 0} → 10 (有効な整数を表示するため、小数点以下は四捨五入)

 

\# #    ★ 有効な整数は全て表示し指定した桁数より少ない場合はスペースを表示します。小数点以下は四捨五入されます。

例 { = 9 \# ####} → ■■■9

例 { = 9 \# #.#} → 9.

例 { = 9.8 \# #} → 10  (有効な整数を表示するため、小数点以下は四捨五入)

 

■ 桁区切りで表示したい(カンマ)

\# 0,      ★桁数が3桁以下の時、余分なスペースが入らない

例 { = 8000 \# 0, }  → 8,000

 

\(円記号)を付けたい場合

\# \\0,  ★桁数が3桁以下の時、余分なスペースが入らない

 

■ 文字列を追加したい("で全体を囲むか'で文字列 だけを囲む)

\# "###,0文字" など    ★ダブルクォーテーション(")で全体を囲む

例 { = 8000 \# "送料込  0,円"} → 送料込 8,000円

例 { = 80 \# "#.0%" }  → 80.0%

例 { MergeField 番号 \# "ID0000番"} → ID0001番

 

または…

 

\# 0, '円'    ★アポストロフィ(')で文字列を囲む

例 { = 8000 \# #,##0 '円' }  → 8,000円

例 { = 48.6 \# #.0 'キロ' } → 48.6キロ

 

◎Point:ダブルクォーテーションで全体を囲むと表示形式の前後に文字を追加でき、%や$も追加できます。(アポストロフィでは前には追加できない)

 

■ 小数点第一位で表示したい

\# 0.0  ★小数点第一位で表示(第二位で四捨五入)

例 { = 8.68  \# 0.0}  →  8.7

例 { = 0  \# 0.0}  → 0.0

補:{ =0 \# #.0} →  .0 になります。

 

 

 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows