教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word2010:フィールドコード  共通スイッチ(まとめ)

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

Wordでは各フィールドごとにスイッチがあります。ここでは多くのフィールドで使える主な共通スイッチをご紹介します。(一般書式・数値書式・日付時刻)

  • 補足1:記載されている共通の書式スイッチは多くのフィールドで使えますが、一部使えないフィールドもあります。

  • 補足2:各フィールドで利用できるスイッチは「挿入」−「クイックパーツ」−「フィールド」で「フィールドコード」で確認できます。


◆ 一般書式スイッチ(\*

主に利用する一般書式スイッチは↓の3種類です。\*で記述します。

(1)  数値変換スイッチ(対:数字)

(2) 全角・半角スイッチ(対:英数カナ)

(3) 大文字・小文字スイッチ(対:英字)

\* arabic → 1,2,3

\* dbchar(全角) → word  WORD  100

\* upper(大文字) → WORD WORD

\* alphabetic → a,b,c

\* ALPHABETIC → A,B,C

\* sbchar(半角) → word WORD  100 サル

\* lower(小文字) → word  word

\* roman → i,A,B

\* ROMAN → T,U,V

 

\* caps(各単語の先頭大文字) → My Home

\* ordinal → 1st,2nd,3rd

 

\* Firstcap(先頭単語の先頭大文字) → My home

\* cardtext → one,two,three

 

 

\* ordtext → first,second,third

 

 

\* aiueo → ア,イ,ウ,

 

 

\* dbnum1 → 漢数字(単位を含まない)

例:12 → 一二    54 → 五四

 

 

\* dbnum2 → 漢数字(単位を含む)

例:12 → 十ニ    54 → 五十四

 

 

\* dbnum3 → 漢数字(壱、弐、参)

例:5 → 伍

 

 

\* iroha → イ,ロ,ハ

 

 

\* circlenum → @,A,B(20まで)

 

 

 

◆ 数値書式スイッチ(\#)

数値書式スイッチは数値の表示形式(3桁区切りなど)を指定できます。\#で記述します。

 桁数を指定(0001や四捨五入)

\# 0    有効な整数は全て表示し指定した桁数より少ない場合は0を表示します 。小数点以下は四捨五入されます。

例 { = 9 \# 0000} → 0009

例 { = 9 \# 0.0} → 9.0

例 { = 9.8 \# 0} → 10 (有効な整数を表示するため、小数点以下は四捨五入)

 

\# #    ★ 有効な整数は全て表示し指定した桁数より少ない場合はスペースを表示します。小数点以下は四捨五入されます。

例 { = 9 \# ####} → ■■■9

例 { = 9 \# #.#} → 9.

例 { = 9.8 \# #} → 10  (有効な整数を表示するため、小数点以下は四捨五入)

 三ケタ区切り

\# #,##0

例 { = 8000 \# #,##0 }  → 8,000

文字列を追加("で全体を囲むか'で文字列を囲む)

\# "0円"

\# "###,0円" など    ★ダブルクォーテーション(")で全体を囲む

 

例 { = 8000 \# "送料込  #,##0円"} → 送料込 8,000円

例 { = 80 \# "#.0%" }  → 80.0%

例 { MergeField 番号 \# "ID0000番"} → ID0001番

 

補:アポストロフィ(')で文字列を囲んでもOKですが

 

\# 0'円'

 

または…

\# ###,0 '円'    ★アポストロフィ(')で文字列を囲む

例 { = 8000 \# #,##0 '円' }  → 8,000円

例 { = 48.6 \# #.0 'キロ' } → 48.6キロ

 

◎Point:ダブルクォーテーションで全体を囲むと表示形式の前後に文字を追加でき、%や$も追加できます。(アポストロフィでは前には追加できない)

小数点第一位で表示

\# 0.0  ★小数点第一位で表示(第二位で四捨五入)

例 { = 8.68  \# 0.0}  →  8.7

例 { = 0  \# 0.0}  → 0.0

補:{ =0 \# #.0} →  .0 になります。

 

◆ 時刻日時表示スイッチ(\@)

スイッチ(例) 意味 日時表示 補足
\@  H:mm

\@  h:mm

大文字H … 24時間表記(18時)

小文字h … 12時間表記(6時)

mm 06分

18:00

6:00

2桁(HHhh) → 06:00や06時になります。(分はmmでよいでしょう)

mmは必ず小文字です(Mは月表示)尚、mでも分を出せますが、18:6などはおかしいのでmmをお奨めします(18:06)

\@ "H時mm分" 任意の文字列を含める 13時00分 文字を含める場合は" "で囲みます。
\@ "am/pm h:mm" AMまたはPMで表示 PM 1:00 am/pm または AM/PM””で囲んで入力します(大小文字どちらで入力してもOKですが結果は必ず大文字(AM 8:00)です)
\@ "AMPMh:mm" 午前または午後で表示 午後1:00 AMPM""で囲んで入力します。
\@ H:mm:ss ss … 秒 8:10:50 "AMPMh時mm分ss秒" → 午後3時05分50秒
\@ "yyyy" 西暦(年) 2016 2016  
\@ "yy" 西暦(年) 16 16  
\@ "yyyy/MM/dd" 年月 2016/04/01 2016/01/01  
\@ "ge" H〇   H28   など H28  
\@ "ggge" 平成28 平成28 例  {date \@ "ggge年"}
\@ "M月"

\@ "MM月"

月  を表示 4月

04月

小文字のmは分なので注意!
\@ "MMM" 月を英語表記(省略形) Apr  
\@ "MMMM" 月を英語表記 April  
\@ "d"

\@ "dd"

日  を表示 6日

06日

例  { date \@ "ggge年M月d日" }
\@ "ddd" 曜日を英語表示(省略形) Mon  
\@ "dddd" 曜日を英語表示 Monday  
\@ "aaa" 曜日を表示 例 { date \@ "aaa曜日" } → 月曜日 ★Excelと違い、aaaaで月曜日にはならない

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows