教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word2010: 複数の章番号を使った図表番号を混在させたい

 

 


 


 

 

複数の章番号を使って図表番号を挿入したいのにできない」といったご質問をいただくことがあります。

 

▼ 例:見出し1と見出し2の章番号を使った図表番号が混在できない ▼▼

 

(同じ種類の)図表番号に使える見出しは1つです。しかし図表番号(SEQ)フィールドの識別子見出し数字を変更すれば複数の見出し番号を使えます。

※ { STYLEREF 2 \S }-{SEQ 図2 \* ARABIC \S 2}  ← 赤字部分を変更

◆サンプルをダウンロードして、図表番号をコピーペーストして もOK!ご自身のファイルの見出しの書式に更新されます ◆◆


 

■ 例:見出し1と見出し2の章番号で図表番号を挿入する

▼▼  次のように章番号−図表番号を入れてみましょう(自動更新 されます)▼▼

1. WORD    ←← 見出し1

   図 1-1

1.1  初級    ←← 見出し2

 図 1.1-1

  1.1-2

 

  1. 見出し1の章番号を使った図表番号1つ挿入 (操作方法はこちら

  2. Alt+F9キーを押す  →→ 図表番号がフィールドコードで表示
    { STYELEREF 1 \S}-{SEQ \* ARABIC \S 1}
     

  3. 図表番号フィールドをコピーし、次のように赤字部分を編集
     

    ◆見出し2の番号を使う場合◆

    { STYLEREF 2 \S }-{SEQ 図2 \* ARABIC \S 2}

     

    ◆見出し3の番号を使う場合◆

    { STYLEREF 3 \S }-{SEQ 図3 \* ARABIC \S 3}

    ※ここでは識別子を図2、図3としましたが自由です。SEQフィールドは同じ識別子ごとに連番を振ります。

  4. ALT+F9キーを押し、Ctrl+Aキー(全選択) → F9キーで更新する
    ↓各見出しの図表番号が表示

    図 1-1   ●見出し1用の図表番号

    図 1.1-1    ●見出し2用の図表番号

     

  5. それぞれ文書内の各見出し配下にコピーペーストし、Ctrl+Aキー(全選択) → F9キーで更新する

    1. WORD

       図 1-1

       図 1-2

    1.1  初級

     図 1.1-1

      1.1-2

    2. EXCEL

       図 2-1

    ▲見出しに合わせて自動的に連番で振られます 。今後増える場合もコピーペーストで挿入できます。▲

     

***** 補足 **********************************************************

章番号を含めた図表番号はStyleRefフィールドSeqフィールドで構成されています。

{StyelRef 2 \s}-{SEQ 図 ARABIC \s 2} は、見出し2の章番号(\s)を使い、見出し2ごとに振り直し(\s 2)の意味になります。

 

文書内では同じ識別子の図表番号( {SEQ } ← 赤字部分が同じ)は同じ章見出しの番号が使われます。(フィールドコード の章番号のみ編集しても、同じ識別子の場合は次に図表番号を挿入した際に一斉に同じ章番号に更新されます。連番フィールドなので当然)識別子を変更すれば、文書内で同一連番になりません。
 

StyeRefフィールドの\sスイッチは見出しの番号(書式なし)を挿入します(例えば番号が(1)なら1のみ挿入)もし章番号を書式付きで挿入したい場合は\nスイッチにします。

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows