教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word2010: 自動ハイフン・任意指定のハイフン(ハイフネーション機能)

   

 

 


 

 

 

 

デフォルトでは行末の単語が長すぎて行に収まらない場合、単語全体を次の行頭へ移動します。しかし行内の単語間隔が 広すぎてしまう場合はハイフンでつなげて改行できます。ハイフンには【自動ハイフン】【手動ハイフン(確認して挿入)】【任意指定のハイフン】の3種類があります。

  • 自動ハイフン … 文書全体を対象に、行末で単語が分離される際ハイフンが自動挿入されます。

  • 手動ハイフン … 文書全体を検索し、1つずつ確認しながらハイフンを挿入できます。

  • 任意指定のハイフン特定の単語に手動で挿入しておくと行末で分離される場合のみハイフンが表示されます。


 

■ 自動ハイフン

文書全体が対象となります。行末の単語が分離 した時のみ自動でハイフンが挿入されます。(入力中・既存文章どちらにも)

 

 ◎自動ハイフンを挿入するには◎

  • 「ページレイアウト」タブ−「ハイフネーション▼」「自動」にチェック →  分離する単語にハイフンが一括挿入


    ※注!ハイフン位置はWordが判断します(例:non-bindingかnonbind-ingかは指定 不可)ハイフンの位置を指定したい場合は【任意指定のハイフン】を使います。

 

■ 手動ハイフン(任意指定)

文書全体を検索し、分離する単語が見つかるとハイフンを挿入するかメッセージを表示します。

 

 ◎手動ハイフン(任定指定)を挿入するには◎

1. 「ページレイアウト」タブ−「ハイフネーション▼」「任意指定」をクリック

2. メッセージが表示されたら「はい」「いいえ」「キャンセル」のいづれかをクリック


★上図のようにハイフン複数ある場合は、ハイフンの位置をクリックして指定してください。

【はい】ハイフンを挿入  【いいえ】ハイフンを挿入しない(既定では次の行に単語全体を送る)【キャンセル】何もしない

 

■ 任意指定のハイフン

特定単語の任意の位置に挿入しておきます。行末で分離する場合にのみハイフンが表示されます(編集記号の表示がONの場合は 常に記号が画面表示できます)

 ※ 編集記号の表示がONの場合のみ↑のように「任意指定のハイフン」を表示できます(印刷されません)

 

 ◎任意指定のハイフンを挿入するには ◎

  • Ctrl+「-」キーを押す
    または

  • 「挿入」タブ-「記号と特殊文字」−「その他の記号」−「特殊文字」−「任意指定のハイフン」

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows