教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word2010:スタイルをショートカットキーに割り当てる方法

   

 

 

 


 

 

 


 

 

 

 
スタイルをショートカットキーに割り当てておくと、簡単に適用できます。ショートカットキーの割り当て先は主に3つです。
  • Normal.dotm ・・・ 全ての新規文書でショートカットキーを利用可能(但しNormal.dotmにそのスタイルが保存されている必要がある)
  • 文書(docx)・・・ その文書でショートカットキーを利用可能
  • テンプレート(dotx,dotm)・・・ テンプレートを元にした文書でショートカットキーを利用可能(テンプレートにスタイルが保存されている必要がある)

 

■ スタイルをショートカットキーに割り当てるには

  1. スタイルを右クリックし「変更」をクリック

     

  2. 「書式▼」ー「ショートカットキー」をクリック

  3. 割り当てるキーを押す(※ Alt+1などAltキーを推奨。他のコマンドに割り当てられている可能性が低いため)

  4. 保存先を選択する(開いている文書、Normal.dotm、開いている文書のテンプレート

  5. 「割り当て」をクリックし「閉じる」

    ※注:現在の割り当てが未定義ではない場合、既存の書式や機能に割り当てられているキーが上書きされます。

 

★重要★
  • Normal.dotmに割り当てると全ての新規文書で利用できます。但し、そのスタイルがNormal.dotmに保存されている必要があります。例えば「見出し1」にAlt+1キーを割り当てると、新規文書それぞれの見出し1に同じキーが割り当てられます。しかし書式は同じとは限りません。(各文書の見出し1の書式が適用)
  • ユーザー独自のスタイルのキーをNormal.dotmにキーを割り当てる場合は、そのスタイルもNormal.dotmに保存する必要があります。操作方法としてはNormal.domを直接開いてスタイルを作成しキーを保存する方法、またはスタイルを右クリック→変更→「このテンプレートを使用した新規文書」をONにし「OK」をクリックするなどがあります。★ 参考URL:見出しスタイルを変更し全文書で利用するには
  • テンプレートにショートカットキー(及びスタイル)を保存すると、そのテンプレートを元にした全ての文書で利用できますがテンプレートが削除されたりパスが変更されるとショートカットキーは文書で利用できなくなります。
  • テンプレートにショートカットキー及びスタイルを保存する場合は、一旦テンプレートとして保存してから操作します。(そうしないと保存先に表示されない)
  • 複数のPCでスタイル及びショートカットキーを利用したい場合は、テンプレート又は文書にスタイルとショートカットキーを保存し配布します。
  • 複数のPCでショートカットキーのみ利用したい場合は(つまり割り当てスタイルはWord既存のスタイルのみ)Normal.dotmやStartUpに保存するテンプレートに保存すると楽です。(Username\Appdata\Roaming\Microsoft\Word\Startup内のテンプレートに保存したキーはWord全体で利用可能)
  • 何度も記載している通り、ショートカットキーの登録とスタイルの書式は別です。MyStyleにキーを割り当ててもそのスタイルが保存されていない文書では利用できません。また、キーとスタイルを保存した文書を配布しても、スタイルのフォントがインストールされていないPCではフォントは利用できません。

 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows