教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

Word  ≫ 数式

Word2016:数式は左揃え、数式番号は右揃えにする方法

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

数式は左揃え数式番号は右揃えにしたい」というご質問をいただいたのでご紹介します(★注!数式とは 「挿入」→「数式」からの数式)

 

※操作前に… ダウンロードファイルもご用意したので面倒な方は↓からどうぞ

  1. ダウンロードし、C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Document Building Blocks\1041\16(数値はVerにより異なる)に保存

  2. 挿入−「クイックパーツ」からsusikiまたはsusiki2をクリックするだけ(またはパーツ名入力F3キー


 

 + やり方は2通り+

  • 自動番号(右揃えタブ)
    または

  • 自動番号+数式(表)

★どちらもクイックパーツに登録すると全Word文書で使えて便利です(登録済ファイルはこちら

(★自動番号+表は数式と番号を一度に挿入できます。右揃えタブは数式以外でも使える利点があります(但しタブなので用紙・余白を変更するとずれる))

 

 +POINT+

  • 数式はデフォルトで中央揃えであるため、オプションで「左揃え」に変更

  • 自動番号はSEQフィールドを使う

  • 「右揃えのSEQフィールド」または「数式とSEQフィールドを表に格納」したパーツをクイックパーツに登録

  • 数式が中央揃えでもいいなら#(1)のように入力する手もあり(番号は自動更新しないため推奨しません)


■ 方法(1) 右揃えタブで自動連番

STEP1:数式を左揃えに設定する

  1. 適当な数式にカーソルを置き「デザイン」タブ→ 数式ツールの「数式のオプション」ボタンをクリック

     

  2. 数式の配置を「左揃え」にして「OK」

    → 今後、現文書で挿入される数式は左揃えになります(全新規文書に反映させるなら「既定値として設定」)

 

STEP2:数式番号をパーツ登録

  1. 空白行にカーソルを置きCtrl+F9キーを押す → {  }

  2. SEQ bangoと入力 → { SEQ bango }  ※bangoの部分は自由。何でもOK。

  3. Shift+F9キーを押し、続けてF9キーを押す → 1
    ※括弧などで括りたい場合は自由に入力 → (1)

  4. 番号の前にカーソルを置き、右揃えタブを設定(文書の右端に)

  1. 番号を範囲選択(注!段落記号を含めて選択)Alt+F3キーを押す

  2. パーツ名(自由)を入力し「OK」

右揃えタブ付き連番が登録できました(全文書で使えますが用紙や余白が異なる場合は同じ位置には入らないので別途登録してください)

****** 簡単!入力してみよう*******************

  1. 数式を挿入 → 設定変更したので左揃えで挿入される

     

  2. 数式外にカーソルを置き、パーツ名(ここではbango)を入力してF3キー

    ★自動で右揃えの番号が挿入!
     

  3. 同様に数式を入力し、パーツ名 → F3キーを押していく

    ★数式番号は自動!削除・追加で自動更新できます(印刷プレビュー表示で更新)

 

■ 方法(2) 表+自動番号

  1. 1行2列の表を挿入

     

  2. 1列目に数式を挿入(挿入−数式)

     

  3. 2列目でCtrl+F9キーを押しSEQ numberと入力 → { SEQ number } ※numberの部分は何でもOK

     

  4. {SEQ number}にカーソルを置きShift+F9キーを押し、F9キーを押す
    ↓数式と連番が挿入された

     

  5. 罫線を非表示(デザインタブ→ 罫線→枠なし)にし、番号を右揃え(レイアウトタブ)にする

     ★番号は自由に(1)などにしてください。
     

  6. これをクイックパーツに登録します。表全体を選択しAlt+F3キーを押す

  7. パーツ名(自由)を入力し「OK」

今後はパーツ名を入力しF3キーを押すだけで、数式と右揃え連番の表が同時挿入できます。

★番号は追加・削除で更新できます。Ctrl+Aキーで全選択し、F9キーを押すか「印刷プレビュー」を表示します。

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows