教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

WindowsXPSファイルとは?

 

 

 

 


 

 

 


 

 

 

 

XPSファイルとは?

Windowsで扱うファイルをXPS形式に変換すると作成元のアプリケーションがインストールされていない コンピュータでもXPSビューアー(無料)で表示できます。 また、編集不可能な為、改ざんされたくない文書を配布する場合も便利です。

 

XPSファイルの作成方法

以下の環境のうち、1つでも当てはまれば作成可能です。

Windows Vista/Windows7

◎ XPS Document Writerが標準装備されているのでそのまま作成できる。

Windows XP

XPS Essentials Packをインストールすれば作成できる。

Office2007

XPS作成用アドインをインストールすれば作成できる。

Office2010

◎ XPS作成ツールが標準装備されているのでそのまま作成できる。

 

作成法1 XPS Document Writerを使って作成( VISTA、7では標準装備)

「印刷」画面から簡単にXPSファイルを作成できます。XPの場合はXPS Essentials Packをインストールしてください。

  1. 元データを開く

  2. 「ファイル」−「印刷」をクリック

  3. 「プリンタ名」=「Microsoft XPS Document Writer」を選択して「OK」をクリック

 

 

作成法2 Office2010でXPS文書として保存する( 必須環境:Office2010)

  1. 元データを開き、「ファイル」タブ−「名前を付けて保存」をクリック

  2. 「ファイルの種類」=「XPS文書(*.xps)」として「保存」をクリック
    (又は「ファイル」−「保存と送信」−「PDF/XPSドキュメントの作成」をクリックし「ファイルの種類」でXPS文書を指定)

 

 

作成法3  Office2007でXPS文書として保存する( 必須環境:Office2007+アドインのインストール)

  1. アドインをこちらからインストールする

  2. Office2007アプリケーションを起動し、Officeボタン−「名前を付けて保存」−「PDFまたはXPS」をクリック

     

  3. XPS形式で保存する(又は「名前を付けて保存」ダイアログで「ファイルの種類」=「XPS文書(*.xps)」を選択)


 

XPSファイルを開く(表示する)には?

XPSビューワーで表示できます。Vista、Windows7では標準装備されて いますがXPではインストールする必要があります。

Windows Vista/Windows7

◎ XPSビューアーが標準装備されているのでダブルクリックで開くことができる。

Windows XP

XPS Essentials Packをインストールすれば作成できる。

 

XPSビューワーをインストールするとダブルクリックで開くことができます。(またはスタート−「すべてのプログラム」−「XPSビューアー」)

 

 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows