教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Windows7:無料ウィルスソフト「Microsoft Security Essentials」を使おう

 

 

 

 


 

 

 

マイクロソフトから無料のウィルスソフト「Microsoft Security Essentials」が提供されています。(対象OS:XP、Vista、7以降)

このソフトを使うとウイルス、スパイウェア、およびその他の有害なソフトウェアから、コンピュータをリアルタイムで保護できます。

 

★ 注!Windows8〜では、Microsoft Security EssentialsとWindows Defenderを統合した「Windows Defender」がプリインストールされているため(スパイウェア対策・ウィルス対策が可能)新たにインストールする必要はありません。

 


記号

Microsoft Security Essentialsをインストールするには

次のサイトにアクセスし、利用しているOSに応じてインストールします。

 

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/products/security-essentials

または

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/products/security-essentials/download

 

コンピュータを再起動すれば、リアルタイム保護によって監視された状態になります。

記号

Microsoft Security Essentialsを起動する

スキャンのスケジュールの設定や、これまでの履歴、パターンファイルが最新のものか等を確認できます。

  1. スタート−「Microsoft Security Essentials」をクリック

  2. Microsoft Security Essentialsが起動する

★スキャンは週に1回・自動的に行われますが(設定タブで変更可能)「ホーム」タブで「今すぐスキャン」することもできます。

★既定ではリアルタイム保護(常駐)は有効です。(設定タブ−「リアルタイム保護」で変更可能)

★検出された危険なソフトウェアやツールは「履歴」タブで確認できます。


 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows