教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

Windows/Server:Authenticated Usersとは?

 

 

 

 

 

■ Authenticated Usersとは

その名の通り”認証されたユーザーグループ”です。ユーザーではなくグループです。

AD(ドメイン)ならドメインにログオンできるユーザーは皆Authenticated Usersに所属しています。(DomainUsersもAuthenticated Usersグループに所属)

 

ローカルPCの場合は、そのPCにログインできるユーザーはAuthenticated Usersに所属しています。但しGuestアカウントは認証ユーザーではないので、Authenticated Usersに所属していません。

 

■ 何のためにあるのか

アクセス権の設定に使用します。不特定多数のユーザーに同じアクセス権を設定する場合、Everyoneよりも認証されたユーザーである分、セキュリティが高くなります(EveryoneグループにはGuestが含まれるのでその名の通り誰でもアクセスできてしまう)

 

例えば、Guestアカウントを有効にしている場合、Guestはユーザー名・パスワードの認証なしでログインできます。GuestはAuthenticated Userには含まれません。これによって、ゲストとゲスト以外を区別できます。

 

■ 特殊グループなのでユーザーとグループから見えない

UsersグループはWindows系OSでデフォルトで存在するグループで、アカウントがあるなら皆Usersグループに所属しています。Authenticated Usersは特殊グループなので「ユーザーとグループ」には表示されません。ユーザーを追加したり削除したりもできません。

 

■ Authenticated Usersにアクセス権を付けてみる

例としてローカルの共有フォルダにAuthenticated Usersフルコントロールのアクセス権を付けてみましょう。(PW入力のログインユーザーが誰でもアクセス可能)

  1. フォルダを右クリック−「プロパティ」をクリック

  2. 「共有」タブをクリックし「詳細な共有」をクリック

  3. 「このフォルダーを共有する」にチェックを入れ「共有名」を入力し「アクセス許可」をクリック

  4. 「追加」をクリックし「authenticated users」と入力して「OK」

  5. 「フルコントロール」にチェックを付ける

      

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows