教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Windows7:日本語入力環境について(JIS2004対応とは)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

Windows XPまでは・・・

WindowsXPまでは、JIS X 0208( 英数字、ひらがな、カタカナ他、第1水準・第2水準漢字を含む6879字)及びJIS X 0212(使用頻度の低い補助漢字で構成される5801字)に収録される文字を 標準でサポート(標準フォントで表示可能)してきました。

Windows 7では・・・

Windows7では、JISX0208に更に第3・第4水準漢字(これらの多くはJISX0212と重複)、記号を追加したJIS X 0213(の2004年改正版であるJIS X 0213:2004(通称JIS2004))を標準でサポートしています。

その為、JIS2004に収録されている文字は7つの標準フォント(MS明朝、MSP明朝、MSゴシック、MSPゴシック、MS UI Gothic、メイリオ、Meiryo UI)で表現できるようになりました。(など)また、JIS2004改定で例示字形(JISが推奨する字の形)が168字変更されましたが、それらも上記7つのフォントで表示できます。例えば「かつしか」はJIS0208(XP)では「」で表示されてきましたが、JIS2004(Vista,7など)では「」で表示されます。(どちらも文字コードは同じで字形が変更されただけです。)

◆ 参考:JIS文字コード規格の歴史

 

◆Windows7のMS-IME

Windows7のMS-IMEではJIS0213に含まれる第3・第4水準の漢字、及びJIS2004で追加された10文字も変換候補に表示 されるようになりました。このようなJIS X 0208以外の文字に対しては「環境依存文字」「環境依存文字(Unicode)」のコメントが 候補に表示されます。 (環境によっては文字化けする可能性がある為、コメントによって注意を促しています。)

(※ 環境依存文字の表示にはMS-IMEの「単漢字辞書」「記号辞書」にチェックが入っている必要があります。)

 

★「環境依存文字」…S-JISには含まれているがWindows以外では表示されない可能性もあるもの(いわゆる機種依存文字。@などのこと)

★「環境依存文字(Unicode)」…S-JISに含まれておらずUnicodeでのみ表現できる文字。(第3・第4水準の漢字はUnicodeとして追加)


JIS2004対応によってどういったトラブルが起こりえるの?

トラブル例 (1)

 

Windows7ではJIS2004を標準サポートしているとはいえ、これらに含まれる第3・第4水準の漢字はUnicodeとして収録されています。つまりUnicodeをサポートしていないシステムやアプリケーションでは表示することはできません。

 


 → Unicodeとして収録されている文字は、ANSI(S-JIS)形式で保存すると文字化けしてしまいます。

例えばWEBフォームなどに入力できたからといって、それが送信先でも正常に表示されているとは限りません。

 

これを回避する為に、Windows7のMS-IMEではJIS X 0208以外の変換候補に「環境依存文字(Unicode)」のコメントを表示し、注意を促しています。

 

尚、環境依存文字を入力できないようにしたい(※正確にはJIS X 0208以外の文字は入力できないようにしたい)場合は、IMEのプロパティ−「変換」タブ−「変換文字制限」−「JIS X 0208文字で構成された単語/文字のみ変換候補に表示する」をONにし「OK」をクリックしましょう。システムやアプリケーションに依存する文字は入力できなくなります。

 


トラブル例 (2)

 

JIS2004で例示字形(JISが推奨する字形)が変わった文字はOSによっては異なる表示になります。

 

→XPでサポートするJIS X 0208と、7でサポートするJIS2004では例示字形が変わった為、異なる形で表示されています。

 

文字コードは同じであり、見る側の環境に依存するため回避することはできません。(見る側でJIS2004対応のフォントにするか、JIS90対応のフォントにするかを選択(インストール)することは可能です。


《補足》

  • 標準サポートとは、OS付属の一般的な日本語フォントで表示できることを指します。Windows7ではJIS2004に収録されている第3水準・第4水準の漢字 (JISX0212と重複多)をMS明朝、MSP明朝、MSゴシック、MSPゴシック、MS UI Gothic、メイリオ、Meiryo UIの7つのフォントで表現できるようになりました。
    また、JIS2004で推奨される字形(例示字形)もこれら7つの 標準フォントで表現できるようになっています。
    しかし、実はXPでも第3・第4水準の漢字を表現できます。これは第3・第4水準の漢字としてJISで定義される以前にUnicodeとしてCJK統合漢字やその拡張領域に収録されているためです。ですからCJK統合漢字を表現できるフォント(NEW GulimやSimSun)でUnicodeに対応しているアプリケーション(Word等)であれば表現可能です。(7からは一般的なフォントで も表示可能になった、例示字形に従って168文字の文字の形が変わった、ということです。)
    例えばという文字はUnicodeのCJK統合漢字領域にも収録されています。ですからXPでもWordでNew Gulimなどのフォントを使って表示することが可能なのです。(XP上のWordに3402と入力して「Alt」+「X」キーを押してみましょう。)

  • XP+Wordで簡単に第3・第4水準の文字を入力するにはUnicode番号から入力すると早いです。入力したい漢字のUnicodeを調べ、Unicodeを入力してALT+Xキーを押します。※Unicodeの調べ方はVista,7がある場合はWordに該当文字を入力後「Alt」+「X」キーを押すとUnicodeに変換されます。又はUnicode一覧や文字コード表、IMEパッドなどで調べましょう。

  • Windows7でJIS2004の例示字形に対応したフォントは上記7つであるため、その他のフォントで正しく表示できるとは限りません。

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows