教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Windows7 :タスクバーに 頻繁に使用するプログラムやファイルを配置する(ジャンプリストの登録)

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

Windows7では頻繁に使用するプログラムやファイルをタスクバーに配置しておくことができます。これらを「ジャンプリスト」といい、クリックするだけで開くので大変便利です。


■ プログラムを追加する場合

◆方法1:ショートカットメニューから追加

  1. 「スタート」−「すべてのプログラム」をクリックし、プログラムを右クリック

  2. 「タスクバーに表示する」をクリック

 

◆方法2:プログラムを起動して追加

  1. プログラムを起動する

  2. タスクバーに表示されたアイコンを右クリック「タスクバーにこのプログラムを表示する」をクリック

 

◆方法3:タスクバーにドラッグする

  1. デスクトップやスタートメニューに表示されているプログラムのショートカットをタスクバーにドラッグ

  2. 「タスクバーに表示する」と表示されたらマウスから手を放す


 

■ 頻繁に使うファイルを追加する場合

  1. ファイルを開き、タスクバー のアイコンを右クリック

  2. 「最近使ったもの」に表示されたファイル名をポイント画鋲のマーク(いつも表示する)をクリック
    ★ 画鋲マークが青いファイルは既にいつも表示されているファイルです。(青:ON、グレー:OFF)
    ★「最近使ったもの」が一切表示されない場合は「タスクバー のジャンプリストに「最近使ったもの」が表示されない」を参照してください。

▼ 以上で、タスクバーのプログラムアイコンを右クリックすると「いつも表示」枠にファイル名が表示されます。(※タスクバーにプログラムが表示されていない場合は、プログラムを起動しタスクバーのアイコンを右クリックし「タスクバーにこのプログラムを表示する」をクリックしてください)


※ ファイル名右の画鋲マークが青色で表示されます。

◎ タスクバーに常に追加されているプログラムの場合は、ファイルをドラッグするだけで「いつも表示」枠に追加することができます。例えばタスクバーに「Excel」が常に表示されている場合、任意のExcelファイルをアイコンにドラッグするだけで常に表示できます。

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows