教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Excel2010:SUMPRODUCT関数で○○を含む

 

 

 

 

 

 


 

 

SUMPRODUCT関数【基本編】  →  SUMPRODUCT関数【応用編】

「SUMPRODUCT関数で○○を含む」する計算式は次のように記述します。

=SUMPRODUCT((ISNUMBER(FIND("○○",配列)))*1,配列)

 

◎ 解説 ◎

▼ FIND(検索文字,セル,開始位置)

→ 検索文字がセル内の何番目に配置されているかを返します。つまりその文字を含んでいれば1以上が返り含まれていなければエラーが返ります。

▼ ISNUMBER(対象)

→ 対象が数値ならTRUE(1)、そうでないならFALSE(0)を返します。つまりFIND関数で数値がでれば1、そうでない場合(エラーなら)0を返します。

▼ SUMPRODUCT((条件1)*(条件2),数式)

→ SUMPRODUCT関数では条件に対しTRUE(1)かFALSE(0)かを返して、これを掛け算することで、複数条件を扱えます(0*1=0、1*1=1)FIND関数で1以上の数値が出た場合にTRUE(1)とするために、数字ならTRUE(1)を返すISNUMBER関数を使っています。

 

SUMPRODUCTは掛け算するので必ず1か0を返す必要があります。(文字列を扱えない)またワイルドカードも使えないためSUMPRODUCT((COUNTIF(範囲,"*○○*")>=1)*1といった記述もできません。


 

◆ 例:すいかを含む商品の個数を数える(すいか と 小玉すいか)

 

=SUMPRODUCT((ISNUMBER(FIND("すいか",A:A)))*1,B:B)  → 26

 

 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows