教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows   IE

 

 

Excel:時刻を○分単位で切り上げて表示するCEILING関数

 

 


 

 

   

時刻を○分単位で切り上げて表示するCEILING関数

○分単位で切り上げる(例: 15分単位で付けるなら、20分遅刻で30分出社となる)にはCEILING関数を使います。

CEILING関数は、指定した基準値の倍数のうち、対象の数値 よりも大きい数に切り上げて返す関数です。

  • CEILING ( 対象の数値 , 基準値 )


≪例≫ 15分単位で切り上げて表示する

CEILING(対象の時刻 , 15分)にすれば15分の倍数で丸めた数を返すことができます。

CEILING (時刻のセル , "00:15")
例 ◆CEILING("9:20" , "0:15" )→9:30  ◆CEILING("9:06" ,"0:15" )→ 9:15

TIME関数を使うこともできます。時刻(分)に対して15で丸めるので、式としてはMinute(時刻)を15で丸めます。

TIME (HOUR (B2),CEILING (MINUTE (B2), 15), SECOND (B2) )
例 ◆TIME( HOUR("9:37"), CEILING( MINUTE("9:37"),15), 0 ) →9:45

 

 

 


関連 Q&A
 
 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows   IE