教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

WindowsXP + Word: 異体字/非常用漢字を簡単に入力するには

 

 

 


 

 


 

 

 

★ Windows7をお使いの方はこちら

 

WindowsXPでは一般に外字/異体字/非常用漢字などと呼ばれるJIS第1水準や第2水準以外の漢字の多くはUnicodeのCJK統合漢字 カテゴリやその拡張領域に収録されています。ですから外字を作成しなくてもCJK統合漢字をサポートするフォント(中国語フォントや韓国語フォント)であれば 殆ど表示することができます。(Vistaや7ではMS明朝などの標準フォントでサポートするようになりました。)

 

CJK統合漢字をサポートするフォントには、以下のようなものがあります。

MS明朝/SimSun/MingLiu/Batang/MSゴシック/SimHei/Dotum/New Gulim ★注 1

その中でも特にSimSun、MingLiU、SimHei、NewGulimは多くの漢字をサポートします。

★注1:New GulimはMS-Officeのセットアップで、Office共有機能−「インターナショナルサポート」−「韓国語フォント」を選択するとインストールされます。

 


記号

入力方法1:常用漢字を入力し、フォントをSimSun、MingLiU、SimHei、New Gulimのいづれかに変更する

◆ 例:   を入力する

  1. Word文書に と入力し選択

  2. フォントを SimSun に変更する
    に字形が変わります。

※ Windows7では、Unicodeを標準サポートしているので「単漢字辞書」追加後に「りゅう」「たかし」で変換できます。

 

◆ 例:  を入力する

  1. Word文書に   と入力し選択

  2. フォントを SimSun に変更する
    に字形が変わります。

 

 

記号

入力方法2:Unicode番号から入力する

《入力方法は?》

Unicode番号を入力し、「ALT」+「X」キーを押す

 

◆ 例: を入力する

  1. Wordで「3402」と入力する

  2. 「ALT」+「X」キーを押す

《入力したい字のUnicodeを調べる方法は?》

方法1)WebサイトなどからコピーしてWordに貼り付け、字を選択してALT+Xキーを押す → Unicode番号で表示

方法2)Unicode一覧などから検索する

方法3) IMEパッド−文字一覧から検索する

※ Unicode−CJK互換文字を選択し、フォントをNew GulimやSimsunなどにして検索します。
ポイントすると「Unicode:0X
3402」などと表示されます。(青字部分がUnicode番号です。)
 

方法4) Vista、7がある場合は「単漢字辞書」にチェックを入れればIMEの変換候補に表示されるようになります。Wordに入力後「ALT」+「X」キーを押すとUnicode番号に変換さ れるため、番号が分かります。

上記いずれかの方法で番号がわかったら、Wordファイルに番号を入力しALT+Xキーを押しましょう。

 

★★ どのフォントにも存在しない字(俗字など)は外字として作成しましょう。外字の作り方はこちら ★★

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows