教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word:原稿用紙で使えない「機能」や「書式」を利用できるようにする

 

 

 


 

 

 

原稿用紙では「ヘッダーフッター 」や「書式」など一部の機能が使えません。原因は原稿用紙アドインであり、これを一時的に解除することで全ての編集機能が利用可能になります。

 

※注:句読点やカッコ、禁則処理の動作についてはこちらをご覧ください。※※


■ 原稿用紙で全ての機能を使えるようにするには

  1. 該当の文書を開く

  2. 2007 … 「Office」ボタン−「Wordのオプション」をクリック
    2010以降 … 「ファイル」タブ−「オプション」をクリック

  3. 左ウィンドウで「アドイン」をクリックし、「管理」=「COMアドイン」となっていることを確認し「設定」をクリック

     

  4. 「Microsoft Word原稿用紙アドイン」 のチェックを外し「OK」をクリック

     

  5. 自由に編集が可能になります。(完成後、アドインのチェックを再度入れておきましょう)

 

≪補足≫

  • 完成したら原稿用紙アドインのチェックを入れておきましょう (アドインがOFFでは原稿用紙が作成できません)

  • 2007からは原稿用紙の機能はアドインとして提供され、Word起動時に読み込みます。アドインが読み込まれていると原稿用紙でヘッダーフッター や段落など特定の機能 が使えません。原稿用紙で使いたい機能がある場合は上記のようにアドインを一旦外して操作するとよいでしょう。

  • 禁則処理や句読点のぶら下げの設定を変更したいだけであれば「Word:原稿用紙で句読点の 配置を変更したい」を参照してください。)

 

 


関連QA

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows