教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word2016-2010:自動保存ファイル(asdファイル)を開く方法

 

 


 

 

 

Word2010以降、強制終了や保存せずに閉じたファイルを復元できます(強制終了・保存し忘れファイルの復元方法)回復ファイルとしてasdファイルを使いますが通常の開き方では開けないため、下記のような場合に困ることがあります。

  • asdファイルが送付されてきたが開けない

  • ユーザーの強制終了時、ネットワークアクセスして回復したい

  • asdファイルをダブルクリックしても開けない・エラーが表示

  • Wordでは「このファイルには前のバージョンはありません」と表示されてしまう

ここではWordでasdファイルを開く方法をご紹介します。


■ asdファイルを開くには

  1. コントロールパネルの「フォルダオプション」をクリック(又はコンパネ→デスクトップのカスタマイズ→フォルダオプション)

  2. 表示タブの「隠しファイル、隠しフォルダ、隠しドライブを表示する」をON、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」はOFFにし「OK」

  3. asdファイルをC:\Users\プロファイル\AppData\Roaming\Microsoft\Wordフォルダにコピー

  4. Wordを起動し「開く」から 3でコピーしたフォルダにアクセス

  5. asdファイルを選択し「開く」をクリック

 

  • asdファイルはWordフォルダ/UnsavedFilesフォルダ以外からは 開けません。

  • asdファイルはWordを起動し「開く」から開かなければなりません(エクスプローラからダブルクリックしても開かない)

  • 強制終了・保存し忘れファイルの回復については「強制終了」「保存し忘れ 」ファイルの復元方法を参照してください。

 

 

 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows