教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word2010:ページ番号とは別に通し番号を付けたい (Setフィールド)

 

 

 

 

 


 

 

 

 

※ SETフィールドの基本については「SETフィールドの使い方」を参照してください。

 

「章ごとに開始されているページ番号のほかに”通し番号”も挿入したい」とい うご質問をいただくことがあります。これはセクションごとに開始ページを1にしているが、文書全体でのページ番号も挿入したいという場合です。

 

これは「前のセクションの総ページ数+ページ番号」のフィールド挿入で実現可能です。下図のように3つのセクション でそれぞれP1-3の番号が振ってある場合、セクション2のP1セクション1の総ページ数(3)+ページ番号(1)P4とすることができます。

操作方法をご説明します。


■ STEP1:各セクションの総ページ数をブックマークに格納する

SETフィールドを使うと特定の情報をブックマーク (変数)に割り当てることができます。ここでは各セクションの総ページ数をブックマークに割り当てます。セクションの 総ページ数はSectionPagesフィールドで出せます。

  1. セクション1の任意の場所(末尾など)にカーソルを置き「Ctrl」+「F9」キーを押す

  2. { }の中にSet  sec1と入力し、半角スペース入力後「Ctrl」+「F9」キーを押す
    { Set sec1 { }※ sec1はブックマーク名なので任意で可(注【英字1~2字】+【数字】のブックマーク名では機能しないことがあります。例えばa1 , aa1 は×。aaa1なら○)

  3. SectionPagesと入力
    { Set sec1 {SectionPages}

  4. フイールドコードを選択してShift+F9キーを押し、フィールドを非表示にする

以上の操作でブックマークsec1にセクション1の 総ページ数が格納されました。他フィールド で計算の対象として利用できます。 (同様にセクション2のページ数も格納しておきましょう。(sec2))

 

■ STEP2:前のセクションのページ数+ページ番号という式を挿入する

  1. セクション2のヘッダー/フッター内にカーソルを置き「前と同じ」を解除

  2. 「Ctrl」+「F9」キーを押し{  }に=sec1 + と入力して「Ctrl」+「F9」キーを押す
    { =sec1 + { } }

  3. Pageと入力
    {= sec1 + { Page } }

  4. フィールドコードを選択して「Shift」+「F9」キーを押す

 

セクション3のヘッダーフッターでも同様の操作で{ =sec1 + sec2 + { Page } }という式を挿入します。これによりセクション2にはsec1(セクション1のページ数(3))と セクション2のページ番号(p1,p2,p3)が合計され「p4,p5,p6」を振ることができます。 また、セクション3にはセクション1のページ数(3)と、セクション2のページ数(3)と、セクション3のページ番号(p1,p2,p3) が合計されるため「p7,p8,p9」のページ番号を振ることができます。

 

※セクション1は通常のページ番号=通し番号になりますが、「章番号−ページ番号」の書式になってしまう場合は{ page \* Arabic }というフィールドコードにしてください。

 

 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows