教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word:1箇所に入力すると他の箇所に同じ文字列 を表示(ブックマーク&相互参照)

 

 

 

 


 

 

 


 

 

 

 

 

1箇所に入力すると、他の箇所に同じ文字列が 自動的に入力される方法をご紹介します。

例えば1箇所に会社名を入力すると、他の箇所にも同じ会社名が入力されるなどです。

 

★注!操作前に「ファイル」タブ−「オプション」−「詳細設定」をクリックし「構成内容の表示」にある「ブックマークを表示する」にチェックを入れておいてください。


◆ 方法1:ブックマーク&相互参照を使う

 STEP1:ブックマークを挿入する

  1. 元データを入力し範囲選択

  2. 「挿入」タブ−「ブックマーク」をクリック し、ブックマーク名(例:会社名)を入力し「追加」をクリック
     ↓文字がブックマーク [ ]で囲まれる

     ★「オプション」−「詳細設定」−「構成内容の表示」内「ブックマークを表示する」にチェックがないと見えません 。

 STEP2:自動表示したい場所に相互参照を挿入する

★ 方法1:相互参照を挿入する (Refフィールド)

  1. 「挿入」タブ−「相互参照」をクリック

  2. 「参照する項目」=「ブックマーク」とし、「相互参照の文字列」=「ブックマーク文字列」としてブックマークを選択し「挿入」をクリック
    ABC会社 (フィールドは {Ref ブックマーク名 \h} )

  3. 他の箇所にも挿入したい場合はダイアログを表示したままカーソルを置き「挿入」をクリックしていく

★ 方法2:ブックマーク名でフィールドを挿入する

  1. 自動表示したい箇所でCtrl+F9キーを押す →→ フィールドコードが挿入 {   }

  2. ブックマーク名を入力 →→ {会社名}

  3. Shift+F9キーを押し、F9キーを押して結果を表示する →→ ABC会社
    ※他の箇所にも同様に{会社名}を挿入する

 STEP3:更新するには

  1. ブックマーク[ ]内で編集する(注!ブックマーク[ ]を削除したり[ ]外で編集すると更新できません)

  2. 印刷プレビューを表示する(又は更新箇所でF9キー、全選択してF9キーなど)

 

◆ 方法2:Linkフィールドを使う ★別文書間でもOKですが、ファイル名や場所を変更するとエラーが発生

  1. 元データを入力 (更新元ファイル)

  2. 1のデータを範囲選択し て「Ctrl」+「C」キーをクリック(コピー)

  3. 自動入力したい箇所にカーソルを置く (更新先/先ファイル)

  4. 「ホーム」タブ−「貼り付け▼」−「形式を選択して貼り付け」をクリック

  5. 「リンク貼り付け」をONにし「テキスト」を選択して「OK」をクリック

  6. ファイルを上書き保存する(ファイル間で操作している場合は両ファイルとも上書き)

※ コピー元データにはOLE_LINK1という名のブックマークが設定され、貼り付け先データはLinkフィールドとなります。(LinkフィールドでOLE_LINK1を参照)

※ この方法でリンクを設定すると、ファイルを開く際に「この文書には、他のファイルへのリンクが含まれています。リンクされたファイルのデータでこの文書を更新しますか?」というメッセージが表示される場合があります。この場合は「はい」をクリックしてください。 )

  更新するには

元データのブックマーク記号[ ]内で文字列を編集すると反映先も更新されます。[ ]を削除してしまったり[ ]外で編集してしまうと更新されません。

 ★印刷プレビューを表示すると一括して更新できます。(又はCtrl+Aキーで全選択しF9キー)

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows