教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word  ≫ 差し込み印刷

Word  ≫ フィールド全般

Word2010 差し込み印刷:空白なら差し込まない(空白行を挿入しない)

 

 


 

 

データファイルが空白行の場合は、そのレコードは挿入しない(スキップ)方法をご紹介します。 通常、データファイルに空白行があった場合、メイン文書に空白が挿入されますがSKIPIPフィールドで空白ならスキップ(次 レコードへ)という条件を設定できます。

 

■ SkipIfフィールド:空白なら挿入しない

{SkipIf  ○○ = "" }  {MERGEFIELD △△}   ※○○が空白ならスキップして次レコードへ、Falseなら△△を差し込み

 

例  ≪氏名≫フィールドが空白なら≪氏名≫を差し込まない

 

{SkipIf  {MergeField 氏名} = "" }  {MergeField 氏名}

 

■ 注意

よくNextIfフィールドで操作しようとする方がいらっしゃいます。「もし現在のフィールドが空白なら次へ」という条件を考えるようです。

例:{ NextIf  {MergeField  氏名 }  = "" }  {MergeField  氏名 }

 

これは一見動作するように見えますが「現在のレコードが空白なら次のレコードの値を挿入」という意味になります。ですから空白なら飛ばすのではなく必ず次のレコードの値は挿入してしまうのです。つまり、空白行が2行続くと2行目の空白は挿入されてしまいます。ですからこれは使えません。【条件を付けて挿入しない】のであればSkipIfフィールドを使いましょう。

 

★SkipIfフィールドについてはこちらにも詳しく載っています。

Word2010:SkipRecordIf(SkipIfフィールド)の使い方

Word2010:差し込み印刷でフィルタリングするには(重複データを除外する)

 

■補足

  • 「差し込み文書」タブ−「アドレス帳の編集」で空白行レコードのチェックを外していくこともできます。

  • この方法(SkipIf)はラベルでは使えません。

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows