教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word:EQフィールドの使い方(\Sスイッチ )上付き・下付き文字

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

■ EQフィールドの使い方(\S  \O  \F)

 \S スイッチ … 上付き・下付き文字

 

{ EQ \S  \UP●(文字) }  文字を●ポイント上付きにします(●ポイントを省略すると2pt)

{ EQ \S  \DO●(文字) }  文字を●ポイント下付きにします(●ポイントを省略すると2pt)

 

※上付き・下付きは【フォント】ダイアログで設定できますし、数式ツールでも簡単に設定できるので、通常の文書ではあまり使わないでしょう。

 

******** 例 **********

H { EQ \S \UP(2)} O  → 

 

H { EQ \S \DO(a)} O  → 

 

■ オプション

\ai●  文字の上端に●ポイント数分のスペースを挿入

\up● 要素を●ポイント分、上付きにします(●を省略すると2ポイント上付き)

\do● 要素を●ポイント分、下付きにします(●を省略すると2ポイント下付き)

\di● 文字の下端に●ポイント数分のスペースを挿入

 

■ EQフィールドの入力方法

例:H2Oの2を上付きで入力 →

  1. 2を範囲選択し、Ctrl+F9キーを押す  → { 2 }

  2. { EQ \S \UP(2)}  と入力

  3. Shift+F9キーを押す
      完成!

◎ HINT! 作成した文字を頻繁に使う場合は、クイックパーツに登録しておきましょう。◎◎

  1. 重ね文字を選択し(注:段落記号は選択しない)Alt+F3キーを押す

  2. パーツの【名前】を入力し「OK」をクリック


    今後はパーツ名(上図なら【酒禁止】)を入力しF3キーを押すだけで、重ね文字を入力できます。(または挿入→「クイックパーツ」→「定型句」など)
    ※クイックパーツとは


 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows