教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word2016:クイックスタイルの使い方(デザインタブのスタイル)

 

 

 


 

 


 

 

 

「デザイン」タブにあるスタイルの集合「クイックスタイル」についてご説明します。

 

■ クイックスタイルって?

クイックスタイルとは【スタイルがまとめられたセット】です。カスタマイズした見出しスタイルや、ユーザー独自のスタイルなど全て格納されます。 文書にスタイルさえ設定しておけば書式を簡単に切り替えられ便利です。(テーマではフォント、色のみだが段落番号、配置、フォントサイズなどを簡単に切り替えられる)

共同作業にも適しており【スタイル(見出し○など)さえ適用しておけば、 同じデザインの文書を作成できる】ので便利です。

 

 

■ クイックスタイルを確認する

  1. 文書に適当に見出し1、見出し2…などを設定

  2. デザインタブでクイックスタイルを切り替えてデザインを確認

 

■ クイックスタイルを作成する

独自のクイックスタイルを作成することでよりメリットが理解できます。

  1. 「見出しスタイル」「標準スタイル」「独自のスタイル」などに自由に書式を設定
    → 全体が見えるようスタイルを適用したサンプル文書 を作りながら書式を設定するとよいでしょう。
     

  2. 「デザイン」タブ−スタイルセットの▼ボタンから「新しいスタイルセットとして保存」をクリック

     

  3. 名前をつけて保存する(dotxテンプレートとして保存されます)
    ※保存場所:C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\QuickStylesフォルダ
     

  4. 「デザイン」タブのクイックスタイルに表示されます(※Word全文書で表示されます)

 

■ クイックスタイルを使う

  • 「デザイン」タブの任意のクイックスタイルをクリック(ポイントすると名称がポップアップ)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

文書内のスタイルに一括してクイックスタイルの書式が適用されます。「ホーム」タブ にもスタイルが表示され利用できます。

 

■ クイックスタイルに格納できる書式

通常のスタイルと同じです。文字書式、段落書式、適用できる全ての書式を格納できます。

注:スタイルに「テーマのフォント」「テーマの色」を格納した場合は、その時のテーマによってスタイルの書式が変わります。よって筆者的には「クイックスタイル」として保存するならテーマのフォントを格納せず特定のフォントをクイックスタイルに保存したほうが便利ではないかと思います。なぜなら共同作業時、他者のファイルにクイックスタイルを適用しても見出し1(使い方によりますが)

 

■ テンプレートを使うのと何が違うの?

「スタイルはテンプレートに保存できるんだからテンプレートを配布すればいいだけ」と思われる方も多いと思います。確かにテンプレートを配布して文書を作成しても同じなのですが、クイックスタイルの場合は、既に作成された文書にも簡単にスタイルを適用でき るのです。スタイルさえ使っていれば後から簡単に書式を変更できるわけです。

 

勿論テンプレートでもスタイルのコピーは可能ですがクイックスタイルの方が素早く作業でき るわけです。共同作業で最終的に1人が仕上げる場合にも便利ですね。 (メンバーに見出しスタイルさえ使っておいてもらえばいいなど)

 

■ テーマの切り替えと何が違うの?

テーマでもフォント、色の切り替えは可能ですが「テーマの色・フォントを使ってない場合は切り替えられない」「フォントと色のみでそれ以外の書式(サイズや配置、段落罫線、段落番号など)は保存できない」という点でもクイックスタイルは便利です(よってテーマの色やテーマのフォント以外を格納したほうがいいかもしれませんね)

 

■ クイックスタイルの保存場所

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\QuickStylesフォルダ のテンプレート(dotx)に保存 されます。これを他のユーザーに配布すれば簡単にクイックスタイルを共有できます。

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows