教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word2016で2010互換の文書を作成する方法

 

 


 


 

 

「Word2016でWord2010互換の文書を作成したい」というご質問をいただきました。Word2016で2010互換に対応する3つの方法をご紹介します。★注:基本的には2010-2016は同じdocx形式であり互換が保たれていますが、新機能の書式・設定などにより若干の違いがあります。

 

  • Word2010テンプレートA 又は Word2010テンプレートB で編集する ◎最も簡単に2010互換モードで編集できる
     

  • 既定の形式をWord2010にする (グループポリシーで設定することで2010モードで編集可能に)◎全ての新規文書を2010互換モードに!
     

  • 互換チェックし問題がないか確認(2010互換の文書は作成不可)◎互換モードにせずチェックのみ可能!


 

■ 方法1:Word2010文書(テンプレート)を元に編集する 

2種類の2010互換テンプレートをご用意しました。ダウンロードしてお使いください。(2016で開くと互換モード と表示されます

  • Word2010テンプレートA.dotx … 2010で作成したテンプレートです。テーマなども2010になっています。
     

  • Word2010テンプレートB.dotx … グループポリシーにより既定の形式を2010として2016で作成したテンプレートです(下記方法2で作成)テーマは2016です。

上記テンプレートは2010互換なので「レイアウトオプション」が復活しています。

 

■ 方法2:既定の形式をWord2010にする

  1. こちらを参考にOfficeのグループポリシーテンプレート(Word16.admx,Word16.adml)を追加する

  2. 「スタート」−「プログラムとファイルの検索」で「gpedit.msc」と入力しEnterキー →  グループポリシーエディター起動

  3. 「ユーザーの構成」−「管理用テンプレート」ー「Microsoft Word2016」→「Wordのオプション」→「保存」をクリック

  4. 「ファイル作成時の既定の互換モードを設定する」を「有効」とし「Word2010」を選択

    ※デフォルトは完全機能モード(=未構成と同じ)で新機能を全て使える.docx文書(2016)

 

■ 方法3:Word2010互換のチェックを行う

  1. 「ファイル」タブ−「情報」−「問題のチェック▼」「互換性チェック」をクリック

  2. 「表示するバージョンを選択▼」から「Word2010」を指定する

     

  3. Word2010で開いたらどうなるか確認できる(削除・変更される書式が表示)

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows