教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows   IE

 

 

Windows7:外字の保存場所 (外字ファイル)

 

 


 

 

ここでは外字の保存場所(外字ファイル)について説明します。

外字の作成方法については「Windows7:外字の作り方」を参照してください。


外字はどこに保存されているの?(外字ファイルの保存場所)

外字を作成する際、【すべてのフォントで表示可能にする方法(既定)】と【特定のフォントで表示する方法】を選択することができますが、どちらを選択するかによって外字の保存場所が異なります。

 

「ファイル」−「フォントのリンク」で作成方法を選択できます。(特に指定しない場合は「すべてのフォントにリンクする」が設定

 

 

「すべてのフォントにリンクする」(既定)

 

→ 全てのフォントで外字を表示できます。(フォントが変わるわけではありません)

外字はC:\Windows\FontsフォルダEUDC.tte、EUDC.eufファイルに格納されます。 (外字の初回作成時にファイルも生成されます)

 

※ EUDC.tte及びEUDC.eufが見当たらない場合は以下の操作をお試しください。

  • 「スタート」−「プログラムとファイルの検索」ボックスに「\\PC名\c$\Windows\Fonts」と入力しEnterキーを押す
     

 

「指定したフォントにリンクする」

 

→ 特定のフォントで外字を表示できます。

フォントごとに作成するtteファイル、eufファイルに格納されます。ファイル名・保存場所はユーザー自身で指定できます。

 

※作成した外字を他のPCでも利用したい、配布したいといった場合ではこちらが簡単です。

 


 

 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows   IE