教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Windows7:Eudc.tteファイルをコピーするには(外字の共有・配布)

 

 


 


 

 

外字のデフォルトの保存先はC:\Windows\FontsフォルダのEudc.tte、Eudc.eufファイルです。これらのファイルをコピーし、他のコンピュータに移行することによって外字を共有できます。

 

※重要※

本来、他のコンピュータへ配布する外字は予めEudc.tteファイルに作成するのではなく、新たなtteファイルに作成する方が便利です。(操作法はこちら)しかし既にデフォルトのEudcファイルに複数の外字を保存している場合などでこのページの方法は有効となります。


eudc.tteおよびeudc.eufファイルをコピーするには(要:管理者権限)

---------- 移行コンピュータでの操作 -----------------------------

  1. 「スタート」−「プログラムとファイルの検索」ボックスに「\\PC名\c$\Windows\Fonts」と入力しEnterキーを押す
    (★ この方法でFontsフォルダを開くとeudcファイルにアクセスすることができます。)

  2. Fontsフォルダ内のeudc.tte、eudc.eufファイルを選択し、右クリックして「コピー」をクリック

  3. サーバー上の共有フォルダに置く、メールで添付する、USBメモリなどのメディアを使う、等して他のPCにファイルを移行する

---------- 移行コンピュータでの操作 -----------------------------

 ◆ 方法(1) 特定のフォントに関連付ける(推奨)◆

  1. 入手したeudc.tte、eudc.eufファイルをファイル名を変えてマイドキュメントなどへ保存

  2. 「スタート」メニューから「すべてのプログラム」−「アクセサリ」−「システムツール」−「外字エディター」をクリック
    (または「スタート」メニューから「プログラムとファイルの検索」ボックスに「eudcedit」と入力してEnterキー)

  3. 外字エディタが起動し、「コードの選択」ダイアログが表示されたら「キャンセル」をクリック

  4. 「ファイル」−「フォントのリンク」から「指定したフォントにリンクする」をクリックしてフォントを指定(MS明朝など)

  5. 「名前を付けて保存」をクリックし、1の.tteファイルを選択して「OK」をクリック。外字エディタを終了する

→ Wordなどを起動し「がいじ」と入力してF5キーを押すとIMEパッド(文字一覧)が開きます。文字カテゴリを「シフトJIS」−「外字」とし、4で指定したフォントを選択すると外字を確認・挿入することができます。

 

 ◆ 方法(2)  移行先のFontsフォルダにeudc.tte、eudc.eufファイルをコピーする(要管理者権限)◆

注:移行先コンピュータのeudc.tte、eudc.eufファイルを上書きするため、既存の外字が削除される可能性があります。操作には十分注意し 上書きしたくない場合は元ファイルを他の場所にコピーしておくなどしてください。 (eudcファイルのコピー方法はこのページ頭に記載)

  1. 全てのアプリケーションを終了し(又は一旦再起動する)C:\Windows\Fontsフォルダを開く

  2. 入手したeudc.tte、eudc.eufファイルをFontsフォルダへコピーする(上書きのメッセージ等が表示されたら全て「OK」をクリック)

※重要:アクセス権がないといったメッセージが表示され、Fontsフォルダにコピーできない場合があります。その場合はFontsフォルダにフルコントロール権限を設定し、ファイルをコピーしてください。方法は下記を参照してください。

  1. コマンドプロンプトを起動し以下のコマンドを入力

    attribコマンド読み取り属性、システムファイル属性を解除「プロパティ」タブを表示させます。)

     > attrib -r -s  C:\windows\fonts

    ※注:ここで「アクセスは拒否されました」と表示された場合はコマンドプロンプトをadministratorで起動attribコマンドを入力してください。→ runas /user:PC名\administrator cmdと入力しパスワードを入力して起動します。
     

  2. Fontsフォルダを右クリックし「プロパティ」をクリック

  3. 「セキュリティ」タブ−「詳細設定」−「所有者」タブ−「編集」をクリック

  4. 所有者の変更ボックスに表示されている「Administrators」を選択し、「サブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換える」にチェックを入れ、「適用」−「OK」−「OK」をクリック(→ 所有者がTrustedInstallerからAdministratorsに変更される)

  5. 「セキュリティ」タブで「編集」をクリックし、Administratorsに対し「 フルコントロール」権限を与える

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows