教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Windows7:外字を他の パソコンで表示するには (外字の移行・コピー)

 

 

 

 


 

 

 

 

外字エディタで作成した外字を他のPCで表示する(移行)方法をご紹介します。簡単に言うと外字ファイルをコピーして特定のフォントに関連づけるだけです。

(※外字は同一PCのみで使用することが推奨されていますので操作は御自身の責任で行ってください。)

 

■ 移行元(外字を作成する側)コンピュータの操作

  1. 外字を作成します。(注:既に外字ファイル(*.tte  *.euf)がある場合は操作不要です。)
    ※重要:作成する際「指定したフォントにリンクする」を選択して任意のファイル名で外字ファイルを保存してください。
    (1) 外字エディタを起動し「コードの選択」ダイアログは「キャンセル」で閉じる
    (2)「ファイル」−「フォントのリンク」から「指定したフォントにリンクする」をクリック
    (3) 外字を表示するフォントを指定し「名前を付けて保存」し任意のファイル名で「保存」−「OK」をクリック
    (4)「編集」−「コードの選択」をクリックし外字を作成したら「編集」−「同じコードで保存」をクリック

  2. 外字ファイル(*.tte  *.euf)を移行先PCにコピーする(メールに添付、共有フォルダなどの手段で)

※注:作成した外字がどこに保存されているか分からない場合は?

 

既に外字を作成した後で「どこに外字が保存されているか分からない」という方もいらっしゃると思います。外字の デフォルトの保存先はC:\Windows\Fontsフォルダのeudc.tte、及びeudc.eufです。これをコピーする方法は下記の通りです。

  1. 「スタート」−「プログラムとファイルの検索」ボック ス(又は「ファイル名を指定して実行」)に「\\PC名\c$\Windows\Fonts」と入力しEnterキーを押す
    (※ ここでパスワードを聞かれたら管理者のユーザー名とパスワードを入力してください。)

  2. フォルダが開いたらEudc.tte、Eudc.eufファイルをコピー し任意の場所へ保存する
    ★詳しくは「Eudc.tteファイルをコピーするには」を参照してください。

 

■ 移行先(外字ファイルを受け取る側)コンピュータの操作

  1. 受け取った外字ファイル(*.tte  *.euf)を任意の場所に保存

  2. 外字エディタを起動し「コードの選択」ダイアログは「キャンセル」で閉じる

  3. 「ファイル」−「フォントのリンク」から「指定したフォントにリンクする」をクリック

  4. 外字を表示するフォントを指定し「名前を付けて保存」し、1の外字ファイルを指定して「保存」−「OK」をクリック

  5. 外字エディタを終了する

 

■ 外字を入力するには

  1. Wordなどのアプリケーションを起動し、「がいじ」と入力し【確定せずに】「F5キー」を押します

  2. IMEパッド(文字一覧)から目的の外字をクリックして挿入します。(文字カテゴリはシフトJIS-「外字」

 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows