教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Excel2010:DSUM、SUMIF、SUMIFSの違い とは

 

 

 

 


 

 


 

 

DSUM関数、SUMIF関数 、SUMIFS関数はいづれもリスト内で条件に合致したものを合計できます。この3つの関数の 特徴は次の通りです。

SUMIF → 単一条件のみ(★2003以前でSUMIFで複数条件を使いたい場合はDSUMSUMPRODUCTを使う)

SUMIFS → 複数条件OK(★2007からの関数)

DSUM複数条件OK。AND条件・OR条件が簡単に指定できる

 式(構文)

  • SUMIF(条件範囲,検索条件,計算範囲

  • SUMIFS(計算範囲,条件範囲1,条件1,条件範囲2,条件2…)

  • DSUM(データベース,計算フィールド 名,条件範囲

 

 例:店舗が「池袋」の金額を合計する

 

SUMIF(A2:A8,"池袋",C2:C8)

SUMIFS(C2:C8,A2:A8,"池袋")

DSUM (A1:C8,C1,D1:D2 )  ↓条件エリア(D1:D2)

 

 例:店舗が「池袋」、客が「男」の金額を合計する【複数条件】

 

SUMIFS(C2:C8,A2:A8,"池袋",B2:B8,"男")

DSUM(A1:C8,C1,D1:E2) ↓条件エリア(D1:D2)

 

★ SUMIFでは複数条件は扱えないため、Excel2003以前の場合はSUMPRODUCT関数を使います。

 

SUMPRODUCT((A2:A8="池袋")*(B2:B8="男"),C2:C8)

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows