教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word2010-2016:「アウトライン番号」「リスト」「リストのスタイル」とは?

 

 


 

 

「アウトライン番号とは?」「リストとは?」「リストのスタイルとは?」といったご質問をいただくことがありますので、簡単にご紹介し ます。

*先に要点*
  • アウトラン番号はレベルごとに振る上位下位のある番号(段落番号はレベルは同じ)
  • アウトライン番号はリスト(レベルごとに番号が用意されたセット)として用意
  • 独自のアウトライン番号を作成すると「リスト」として保存される
  • 作成した「リスト」を右クリックして「リストライブラリに保存」とするとWord全体で利用できる(ListGal.datに保存)
  • 「リスト」を更に「スタイル」として保存も可能。これにより文書やテンプレートに保存、文書間でコピー、他PCに配布、文書内での一括更新も可能に。(つまり通常のスタイルと同じメリットあり)

 

 

■ アウトライン番号とは?

アウトライン番号とはレベルごとに振れる番号で、上位レベルに合わせて振り直しが可能です。

通常の段落番号(みな同レベル) アウトライン番号(レベルに分かれて番号が振られる)
1. Word

2. Excel

3. Outlook

1. Word

  1) 初級

  2) 応用 

2. Excel

  1) 初級 ……

Wordデフォルトのアウトライン番号はリスト(アウトライン番号のレベルごとのセット)として保存されています。(アウトライン番号▼−リストライブラリ)

ユーザーがアウトライン番号の書式を定義すると新たな「リスト」として保存されます(詳細↓)

 

■ リストとは

アウトライン番号の書式がレベル毎にまとめられたものです。 (レベル1の番号、レベル2用の番号…などのセット)「アウトライン番号▼」ボタンの「リストライブラリ」に デフォルトのリストが用意されていますが独自のリストも作れます。(Part1,Chapter1,Section1・・・など)

 

 +リストの作成 +

  • 「アウトラインボタン」→「新しいアウトラインの定義」でレベルごとに番号書式を定義(★現在の文書でリストを使える)

リストをWord全体で使うなら【リストライブラリ】へ登録 +

  • 「アウトラインボタン」→「作業中の文書にあるリスト」でリストを右クリックし「リストライブラリに保存」
    C:\Users\ユーザー\AppData\Roaming\Microsoft\Word\ListGal.datに保存

※ListGal.datを配布すると、独自のリストを共有できる(企業内で同じリストを使えるなど)

 

■ リストのスタイルとは

【リスト】を【スタイル】として保存したものです。 リストをスタイルにすることで、次のメリットがあります。

  • リストを1スタイルとすれば、文書/テンプレート/Normal.dotmなどに保存できます(保存ファイルで使える)

  • 他文書にリストのスタイルをコピー できます(作成リストを共有)

  • スタイルを更新すれば文書内のリストを一括変更できます(種類、書式、インデントなどを一括変更)

+ リストのスタイルを作成 +

  • 「アウトライン」ボタン→「新しいリストスタイルの定義★1→「書式▼」−「箇条書きと段落番号」でレベルごとに書式を設定し「OK」−「OK」

★1 ここ「このテンプレートを使用した新規文書」をONにするとNormal.dotmにリストのスタイルが保存される(Word全体で利用可能)

 

■ 結局【リスト】と【リストのスタイル】の違いは?どっちが便利?(←質問をいただきましたので)

どちらもリスト(アウトライン番号の書式セット)を使うのに便利です。リストをスタイルにすれば一括変更、他文書へのコピー、テンプレートに保存できて便利です。ただ【リストライブラリ】にリストを保存するとListGal.datに保管できます。これは他ユーザーへの配布に便利です。

 

--- 関連CONTENTS ---

  1. 「アウトライン番号」「リスト」「リストのスタイル」とは? ★

  2. アウトライン番号を設定するには

  3. リストのスタイルを作成する

  4. リストをWord全文書で使う(リストのスタイルとリストライブラリ)

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows