教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Active Directory  図解で分かる!ドメイン環境でのグループポリシー入門

8. 管理用テンプレートを追加するには

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 
  1. グループポリシーとは

  2. グループポリシーを設定、編集するには

  3. グループポリシーオブジェクトの適用と優先順位

  4. グループポリシーを継承しないようにするには(継承のブロック)

  5. グループポリシーの「上書き禁止」−ポリシーの強制適用−

  6. GPOの実体グループポリシーテンプレート(GPT)とは

  7. 管理用テンプレートとは(*.admファイル)

  8. 管理用テンプレートを追加するには

  9. グループポリシーを使ってWordの設定を強制変更する


管理用テンプレート(.adm)を追加するには
(★ admxの追加方法はこちら

Windowsではグループポリシー用に管理用テンプレート(*.admファイル)が用意されていますが、新たなテンプレートを追加することもできます。

ここではOffice2010用の管理用テンプレートをダウンロードしてグループポリシーに追加してみましょう。

 

★ Office2010用の管理用テンプレートはこちらこちらからダウンロード できます。ダウンロードしたファイルは解凍しておきましょう。(ADM/ADMXフォルダに管理用テンプレート(*.adm)が格納されています。)

 

 

  1.  管理用テンプレートを追加するGPOを開きます。「ActiveDirectoryユーザーとコンピュータ」でドメイン名を右クリック し「プロパティ」をクリック

  2. 「グループポリシー」タブをクリックし、「編集」をクリック

     

  3. グループポリシーオブジェクトエディタが起動したら「コンピュータの構成」か「ユーザー構成」いづれかの「管理用テンプレート」を右クリックし、「テンプレートの追加と削除」をクリック

     

  4. 「追加」をクリック

     

  5. 解凍したOffice2010用の管理用テンプレート(ADM\ja-jpフォルダ)にアクセスし、一覧から任意のテンプレートを選択し「開く」をクリック 。追加したら「閉じる」をクリック。(これで追加は完了)


     

  6. グループポリシーオブジェクトエディタで「管理用テンプレート」を展開すると、追加したポリシーを編集することができる。(OSのバージョンによっては「従来の管理用テンプレート(ADM)」内に表示されます。)

これでOffice2010のポリシーが設定できるようになりました。

次の章では、実際にWordのポリシーを1つ設定してみましょう。

 

次へ ≫  9.  グループポリシーを使ってWordの設定を強制変更する

 

≪ トップへ戻る

 Active Directory 図解で分かる!ドメイン環境でのグループポリシー入門

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows